読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

七つの証言 - 刑事・鳴沢了外伝 (中公文庫)

七つの証言 - 刑事・鳴沢了外伝 (中公文庫)

七つの証言 - 刑事・鳴沢了外伝 (中公文庫)

作家
堂場瞬一
出版社
中央公論新社
発売日
2012-02-23
ISBN
9784122055971
amazonで購入する

七つの証言 - 刑事・鳴沢了外伝 (中公文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ミカママ

数年ぶりに読んだシリーズの外伝、にもかかわらず、キャラがあっという間に蘇ってきた!そして『失踪課シリーズ』の前哨戦としても、今この作品を選んだ自分を褒めてあげたい。いやぁ、鳴沢了、カッコいいわ!嫌なヤツだけど(笑)*\(^o^)/*

2016/08/06

サンダーバード(読メ野鳥の会怪鳥)

本編が終わってから4年後に出た鳴沢了外伝。彼を知る7人の立場で描いたスピンアウトの短編集です。シリーズ通してみた私の鳴沢のイメージって「孤独、ストイック、頑固者、健康オタク、正義感が強くて走り出したら止まらない」なのですが、彼を語る7人もだいたい同じ感じでしたね。高城のいう「マッチを擦っただけで、ビル火災が起きる男」という表現には笑ってしまった。確かにその通り。最終章の「信頼」が良かったかな。義理の息子には自分の弱い面も見せるのですね。鳴沢の普段あまり見られない面を見ることができました。★★★+

2014/07/24

まひはる

鳴沢シリーズ、スピンオフ。次は高城シリーズに挑戦したい。

2015/01/08

ゲバオ

『刑事として生まれた男』鳴沢了シリーズの外伝。シリーズに出てくる主要人物7人の視点からみた鳴沢了。色んな目線からみた鳴沢が楽しい。7人の証言のなかでは 高城さんとの絡みが一番良かったかな?鳴沢がストイックすぎて高城さんが霞んでしまう(^^;あと、本編でもそうだったけど義理の息子との付き合い方が好き。無理くり親子として接するというか一人の男として接しているところがカッコいい。そのぶん、実の娘とぎくしゃくしてるあたりはかわいい。やっぱり、鳴沢が好き。他のシリーズでも出てくれー。

2017/04/16

RIN

シリーズ終了から暫くして出た本書は正に外伝。「その後」の鳴沢を7つの異なる人物視点でのエピソード短編。堂場ファンブックでもある。鮮烈な!(?)デビューを飾ったシリーズ第一作からどんどん丸くなりオトナになっていった鳴沢に寂しさをより感じるようになったのは私だけ?(笑)しかし著者が後書で語るように、本人視点だと内面が語られるから「成長」の過程がわかりやすいが、他人視点の鳴沢はやっぱり鳴沢で、むしろ嬉しい。本作は鳴沢周辺でも彼に好意的な人物視点に特化されているので、逆に嫌悪感を持ってる人物視点の外伝を読みたい。

2013/07/16

感想・レビューをもっと見る