読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

もぐら 戒 (中公文庫)

もぐら 戒 (中公文庫)

もぐら 戒 (中公文庫)

作家
矢月秀作
出版社
中央公論新社
発売日
2013-02-23
ISBN
9784122057555
amazonで購入する Kindle版を購入する

もぐら 戒 (中公文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

KAZOO

もぐらシリーズの6作目です。なんかだんだん事件が大掛かりになってきています。それと主人公が彼女ができてあまり事件に積極的に絡まなくなり、彼女が拉致されたりしてやっと腰を上げるような感じになってきます。徐々に主人公を警視庁内部の組織全体ということにしようとしている感じが見えます。まあ読んでいて面白いのですが。

2015/05/17

きさらぎ

今回も派手にドンパチやらかしました。”絶入者”続出! 紗由美さんが元気になって新たな道を歩み始めてやれやれ、と思ったら…。もぐらさんもそう簡単に静かな生活をさせてはもらえませんね。 このシリーズ、暴力シーンが多くて初めは抵抗があったけど、回を重ねるうち慣れてきて速く読めるようになってきた(笑) 人民服の正体が気になりつつ、物語はいよいよ佳境へ…

2015/04/28

ハゲおやじ

病院の待ち時間に読了。(この病院って段取り悪すぎ!って全然関係無いね~)相変わらずの無敵コンビ(竜司と楢山)と人が次々に死んで行く内容。前作までは1作目程の残酷な描写は無かったのに、今回は初めにズドーンとあってクラクラ・・・。中国の次はロシアとは、よくある話だけどね。テツは可哀想だし、お母さんの強さに泣きそうになった。このシリーズはこれで終わりって思う紗由美との決断だったけど、ラストの小山田で「えーっ!どうやって続くの?」って感じに。アクション映画の様で読後に尾を引かないから、このシリーズは好きだな。

2017/02/24

らび

いや~武器とか無知な私でもさすがにワゴン車からロケット砲発射とか笑ってしまった。テツのことを思えば笑ってられないですけどね。そろそろシリーズ完結に向かってドンドン過激になりどうにでもなれ!ってこっちもヤケクソ。格闘シーンでより血なまぐささを演出してるけど、おもいっきりドッカーンと吹っ飛ばすのが好きなんだろう矢月さん?そして今回もまた紗由美さんが気の毒でならない。

2018/09/03

大地

もぐらシリーズ6作目。ロケット弾、爆弾・・相変わらずド派手!!竜司も不死身やけど楢山も不死身。ロシアも登場したりで、グローバルなバトルになってきた。沖縄での平穏な日々は続きそうにない展開。派手すぎてありえない展開だが、そのもぐら ワールドにはまっている!!

2014/03/22

感想・レビューをもっと見る