読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ひぐまのキッチン (中公文庫)

ひぐまのキッチン (中公文庫)

ひぐまのキッチン (中公文庫)

作家
石井睦美
出版社
中央公論新社
発売日
2018-09-21
ISBN
9784122066335
amazonで購入する Kindle版を購入する

ひぐまのキッチン (中公文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

野のこ

社長秘書として働き始めたまりあことひぐまちゃん。キャベツの千切りもしたことがないのに年に2回のお好み焼きとお客さまに料理でおもてなしをすることに。登場人物がみんな個性豊かで面白い。いろいろ突っ込みどころ満載でくすっとなりました。社長の「人の笑顔を見て生きる、自ら笑って生きる」って言葉が心に残りました。ひぐまちゃん、何事にも一生懸命で応援したくなる。だんだんお仕事にも慣れてて今後も見守っていきたいな。続編も楽しみです。

2019/09/26

ジュール リブレ

2冊目を先に読んでしまいましたが、こちらも楽しい本でした。人の心に届くものは、飾った豪華な料理ではなく、心のこもった質素なTKGたまごかけごはん、だったりする。お好み焼きを焼いたことの無い新人をヒロインに楽しく美味しそうな一冊。ラストの 鬼まんじゅう、食べてみたい。

2019/08/24

星落秋風五丈原

理系が生かせるという理由で就職したにも関わらず、社長秘書にという意外性はわかるんだけど、となるとテーマは何だろう。自分が思い込んでいる以外にも可能性はあるよ、ということ?料理によっていろいろ社会勉強していくモチーフはわかった。

2018/10/17

はるき

 ん~、何か薄味だなぁ。リアルっちゃリアルなんですが、もう少し波乱が欲しい。で、料理の描写がサラッとしすぎ。

2018/10/01

horihori

「商社コメヘン」人見知りで終活に失敗した23歳の樋口まりあ。祖母の紹介で入社することに「引き継ぎのお好み焼き」社長秘書の吉沢ゆかりに付き、仕事を覚える。歓迎会は会社でお好み焼きと"ひぐま"の愛称をもらう「苦しまぎれのTKG」ゆかりの送別会にお好み焼きを作り、いよいよ社長の客にも。初めての料理は、恵美須やさん。「愛しのオムライス」社長の前職の部下の北川さん「つめたいおにぎり」社長が月に1回、1人でおにぎりを食べる理由「ふるさとの鬼まんじゅう」予約が取れないイタリアンのイケメンシェフ。会社がユニークすぎる。

2021/03/30

感想・レビューをもっと見る