読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

章説-トキワ荘の青春 (中公文庫)

章説-トキワ荘の青春 (中公文庫)

章説-トキワ荘の青春 (中公文庫)

作家
石ノ森章太郎
出版社
中央公論新社
発売日
2018-10-23
ISBN
9784122066472
amazonで購入する

章説-トキワ荘の青春 (中公文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ワッピー

石ノ森章太郎誕生日読書会’20読書本。石ノ森章太郎が漫画家として活躍を始めたトキワ荘時代の回想記。悪友赤塚とつるみ、稼いでは散財するものの、急遽の代打に立ち、飛び込みの仕事も受け、仲間の仕事を手伝いあう、さながら1つの工房のような熱気あふれるトキワ荘を堪能しました。草創期漫画界のつながり、アニメーションへのチャレンジ、そして時代とともに押し寄せる変革の波も含め、知らないことばかり。もはやサブカルではなく世界の「MANGA」となった漫画界の創世記ですね。月岡貞夫、深井国の名が出ていたことも嬉しく感じました。

2020/01/22

はじめさん

仮面ライダーやサイボーグ009で知られる、石ノ森章太郎氏が漫画家を目指して上京後に、志を同じくする漫画家たちと暮らした、昭和漫画の梁山泊ーートキワ荘での日々と、仲間たちの思いで。赤塚不二夫はイタリアの伊達男ばりに女にモテたとか。シェ〜ッ! それぞれの漫画家の代表するヒロイン像は、思い出の中で理想化されたような過去の想い人を作品に投影している節があるが、石ノ森氏にとっては病で死んだ姉。トキワ荘の住人たちとのお花見写真のなかに写っており、思わず「うおっ」と声が漏れる美貌。こりゃシスコンこじらせてもしゃあない。

2020/03/17

Tui

漫画を描くことが純粋な創作活動であることが可能だった時代。マンガが巨大ビジネスとなった今ではありえない、表現する個々が切磋琢磨できたとある共同体の記録だ。皆それぞれ必死に生きて純粋に描いていたことが伝わってくる。ストイックに描きたいものを描け、それを発表し批評の受け皿となる媒体が整っていたトキワ荘は、ある意味において恵まれた環境だったんだろうな。

2019/07/08

とし

数多くの漫画家を生み出したトキワ荘を描いた作品。トキワ荘を舞台にした本はたくさんありますが、本作品は石ノ森氏が上京してからトキワ荘をでるまでの話です。大御所になった漫画家たちの若い頃の青春話やエピソードは面白いです。石ノ森氏はお金がないこの時代に衣食住を捨ててまで、自分の趣味の読書や映画や音楽にお金を費やしたんですね。それがその後のスケール大きな作風につながったのかなと思いました。親友赤塚氏と助け合いながら作品を完成させたり、仲までありながらライバルであるトキワ荘の住民との結びつきなど心地よい作品でした。

2018/12/05

ジロリン

酔った勢いで買ったのだが、これは拾い物^_^石ノ森がこんなに文章が上手いとは知らなんだ。意外にも、あまり本人の口から語られる事がなかった有名な〈石ノ森の姉〉について書かれてるというのも貴重だ(しかし何で皆んな知ってるんだw)。そして〈商売上手な元・天才マンガ少年〉と認識してた(個人の感想ですw)石ノ森がいつまでもマンガへの愛情と情熱を持ち続けていたことに少々驚いた。いや、まぁそうでなきゃあれだけ読書を惹きつける事など出来っこない、なんてちょっと考えればわかりそうなもんだがw

2018/11/04

感想・レビューをもっと見る