読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

バビロンの秘文字(下) (中公文庫)

バビロンの秘文字(下) (中公文庫)

バビロンの秘文字(下) (中公文庫)

作家
堂場瞬一
出版社
中央公論新社
発売日
2019-01-22
ISBN
9784122066809
amazonで購入する Kindle版を購入する

バビロンの秘文字(下) (中公文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

KAZOO

一気に読ませてくれました。さまざまな国やあるいは関係者などが多く登場人物名を確認しながら読んでいました。ただ上巻でも書いたのですが主人公とその恋人の人物描写がもう少し普通の人間らしく書いていってほしい気がしました。なんか国際的な写真家という割にはスーパーマン的な感じで描かれているし、恋人ももう少し人間的な側面があってもいいのではないかと思われました。面白いことには変わりませんが。

2019/01/28

のり

バビロン文書の解読にラスト・コードの「美咲」が登場。トリセツが必要な彼女だが19歳になり少しは丸くなった。イラク国内に建国宣言したラガーン人だが、一枚岩ではない。鷹見が行くところ全てが危険がつきまとう。それにしても何にでも介入しようとするアメリカの陰謀と鷹見の彼女の身勝手には参りました。ラガーン人の挨拶の「知識と平和を」は全世界の共通の認識になれば良いと思う。

2020/05/29

てつ

堂場さんの筆力からだろう、内容に比して面白く読めた。登場人物の個性もあるのだろう。だがテーマはありふれていて結末も意外性に欠ける。このテーマで意外性を求めるのは酷かもしれないが。

2019/03/03

アマニョッキ

帯と解説が竹内海南江さん。もうそれだけで読みたくなってしまう。本当に竹内さんのリポートで一本番組作ってほしいな。テーマが壮大なわりには読みやすく、恋愛要素があまり絡んでこないところも好み。

2019/09/10

白いワンコ

まるで海外の連続ドラマを観ているかのようなサスペンス。絶えず静かな興奮に包まれながら読み終えました。ただ、多彩な登場人物それぞれの伏線(に感じたもの)は主要なもの以外回収されません。そして、個人的には松村里香の動機、どう贔屓目に読んでも共感できなかった。この2点にひっかかりを覚えました。この物語のヒロインは一柳美咲だった。彼女の存在を、最大限称賛したいと思います

2019/02/27

感想・レビューをもっと見る