読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

死香探偵-連なる死たちは狂おしく香る (中公文庫)

死香探偵-連なる死たちは狂おしく香る (中公文庫)

死香探偵-連なる死たちは狂おしく香る (中公文庫)

作家
喜多喜久
出版社
中央公論新社
発売日
2019-02-22
ISBN
9784122066939
amazonで購入する

ジャンル

死香探偵-連なる死たちは狂おしく香る (中公文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

イオちゃん

「死香」が食べ物の匂いとなり、その匂いで犯人を捜しあてられる潤平だけど、本来の食べ物の匂いが悪臭になる。そして、米ばかりかパンまでも、いや小麦でできた食べ物まで食べられなくなるなんて。折角の昼食も食べられず、どんどん痩せていく潤平‥。物語も気になるけれど、そっちもすごく気になって仕方がない。風間先生、早く何とかしないと、大切な潤平が点滴生活になるんじゃ?超美人の風間姉の登場に加え、気になる月森医師の存在で、次巻がますます楽しみに♪

2019/03/18

ゆきちん

シリーズ第2弾。死臭を食べ物の匂いに感じる体質の潤平と分析する風間のペア。前作より息が合って…というより距離が近くてよりBL臭い。BLじゃないですよって必死で書いてあるのが逆に、ダチョウ倶楽部かと。一緒にお風呂入ってるやん!とか思う。あ、本筋外れた。事件は4つ。死香を追って、分析して解決。女の影が出てきたりも。代償で食べられないものが増えてどんどん痩せていく潤平。米と小麦がダメなのはキツイ。なんとかしてあげてー。今回はこれをシリーズにするぞ!って意思表示が見えた巻。続きを待ちます。

2019/03/16

きょん

米に続いてパンまでダメとは、桜庭くん益々痩せて死んじゃいそうですよ、早く何とかしてあげてください准教授。同じ体質の怪しげな医者も登場し今後の話に絡んでいきそう。

2019/02/28

kei@名古屋

まさかの続編。謎の美女はキャラ濃いなぁ。これきっと第三段まで出すのでしょうねェ。夜11時代のドラマだな。きっとこれ

2019/03/10

あおやまみなみ

死の香りを食べ物の匂いとして感じ取る潤平と、分析学の研究者、風間のコンビが活躍する人気作の続編。 2人の関係性の尊さはもちろん健在です。風間さん……天然タラシ……。 謎の美女や、潤平と同じく死香を嗅ぎ分ける新キャラが出て来て、世界が広がっていくところもすごく良かった。続きが読みたい!

2019/03/04

感想・レビューをもっと見る