読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

出張料亭おりおり堂-夏の終わりのいなりずし (中公文庫)

出張料亭おりおり堂-夏の終わりのいなりずし (中公文庫)

出張料亭おりおり堂-夏の終わりのいなりずし (中公文庫)

作家
安田依央
出版社
中央公論新社
発売日
2019-03-20
ISBN
9784122067196
amazonで購入する Kindle版を購入する

出張料亭おりおり堂-夏の終わりのいなりずし (中公文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

野のこ

金継ぎの蒔絵に銀色があるのは知ってたけど、時間と共に変化していくって素敵。桜子さんはほんと凛としててカッコいい。彼女の発言に背筋が伸びるようです。謎なイケメン青年と仁の弟が新たに出現して、仁のプロポーズ的な発言がもやっとなってる!いろいろ気になるので次回も楽しみです。

2020/04/09

さくさくと♪いろいろブッ込んできました(@_@)ブラコンに記憶喪失にあの言葉。この先どう続けるんでしょ?

2019/07/04

assam2005

完結したと思っていた単行本「出張料理・おりおり堂」の続編。京都へ旅立った仁を待ち続ける澄香、こんな感じだったかな?久しぶりすぎてキャラクターを度忘れ。再会した二人の微妙な空気。こんな関係だったかな?思い出す前に新キャラが次々登場し、かき乱す。途中、仁の爆弾発言…聞いた瞬間、ドキッとしてしまいました。サラッとお茶でも飲みましょうか、みたいであまりにも普通で…仁さんらしいけど、読んでるこちらまで「それってプロポーズよね?」と聞き返したくなりました。え?違うの?もー、はっきりしてよ。

2019/06/26

igaiga

新キャラが2人も。両方とも面倒くさいタイプだなぁー。金髪の方は明らかにおりおり堂にふさわしくないような。どうなるんでしょ。あの言葉はプロポーズなのね。まぁそうだけれど、山田にはもう少しハッキリ言ってあげたほうがよいような・・・

2020/01/09

メルル

単行本で読んでいた自分には分かり難い文庫シリーズとなった。単行本の続きとしてはここからで良いらしい。新章として再スタートを切ったが、がらりと雰囲気が変わった印象。しかし今回は新生出張料亭おりおり堂としての前準備段階だったのでその分物足りなかった。ここまで引っ張るということはこれから長いシリーズを予定しているのだろうか。これからも料理が楽しみだ。

2019/05/31

感想・レビューをもっと見る