読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

戦後と私・神話の克服 (中公文庫 (え3-2))

戦後と私・神話の克服 (中公文庫 (え3-2))

戦後と私・神話の克服 (中公文庫 (え3-2))

作家
江藤淳
出版社
中央公論新社
発売日
2019-05-23
ISBN
9784122067325
amazonで購入する Kindle版を購入する

戦後と私・神話の克服 (中公文庫 (え3-2)) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

うえ

初期論考集。「行為はひとつの危機的な受け身の行為でしかない。三島由紀夫氏を他の戦後派作家からへだてているのはこの特徴である。彼がほかの同時代者よりすぐれた作家的資質にめぐまれているのは事実であろう。しかし、それ以上に彼の作品の魅力や通俗性(!)は、その完全な受動性、その本質的なロマンティシズム、あるいは彼の「神話」との秘密結婚などの点にもとめられなければならない。ほかの多くの戦後派作家は結局現実をかたちづくろうとするものーつまりリアリストであった。しかし、三島氏は、本質的にロマンティシストである」

2019/07/11

感想・レビューをもっと見る