読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

SROVIII-名前のない馬たち (中公文庫)

SROVIII-名前のない馬たち (中公文庫)

SROVIII-名前のない馬たち (中公文庫)

作家
富樫倫太郎
出版社
中央公論新社
発売日
2019-07-23
ISBN
9784122067554
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

その嘶きは、不吉な予告――

関東近県で、乗馬クラブオーナーの死が相次ぐ。

いずれも死因に不審な点は見られないものの、

SRO(広域捜査専任特別調査室)室長・山根新九郎は奇妙な符合を見出す。

人間の死と同時に、必ず馬が一頭、逝っているのだ。

独自捜査を始めたSROの面々は、やがて北海道のある牧場にたどり着く……。

彼らは、馬たちのダイイング・メッセージを読み解けるのか!?

そして、最凶キラー・近藤房子の調教ゲームも新たな段階に。



【警視庁のワケあり部署が活躍する、大ヒットシリーズ最新作!】

ジャンル

SROVIII-名前のない馬たち (中公文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

KAZOO

今回は常連の悪役や警察のメンバーがあまり活躍するということではなく、サイドストーリー的な扱いになっています。馬の牧場で馬が死に牧場主も殺される犯罪が続きます。最後は解決しますが、それよりも悪役の後継者が育っていくような感じでこの物語はまだまだ続きそうな感じです。

2019/08/02

GAKU

競走馬や乗馬クラブの馬達の行く末が、事実もこの通りなのであればあまりにも悲しいと感じた。しかしSROのシリーズとしてはちょっと期待外れ。近藤房子もチョットしか登場しないしね。今回の登場が伏線だとしたら、次回作は期待できそう。

2019/09/07

momi

シリーズ第8弾!良かった〜心に傷をおい本調子じゃないけれど尾形と麗子がSROに戻ってきました!!最凶キラー・近藤房子…ちょろっとしか出ていないのに存在感ありすぎます…。他人を何処までもコントロールする女…。恐ろしい女です!さて、今回の事件…。乗馬クラブで相次ぐオーナーと馬の同時死…。優しさが狂気にかわり事件が起きてしまいました!痛々しくて…やり切れなさと切なさで胸がいっぱいになりました!

2019/07/31

Junichi Yamaguchi

『教えてあげる』… キラークィーンが跳ねるのは次巻かな⁈ なかなか息苦しい作品だった。 人間も動物。 手を差し伸べるだけでは助けられないのであれば、僕はその手に悲劇を生む物を握ってしまうかもしれない。。

2019/08/26

JILLmama

待ったよー待ったよー2年楽しみにしてました。 だけど、今作は近藤房子メインじゃないんだよね。 ちょろちょろっと登場したけど。 牧場経営や、乗馬や競馬の馬の大変さや全く知らなかった事だらけの今作。切なくて、何とも言えない気持ちに。 さぁ!次はいよいよ房子だ! だけどまた何年も待つのかしら...泣

2019/07/25

感想・レビューをもっと見る