読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

利根川・隅田川 (中公文庫)

利根川・隅田川 (中公文庫)

利根川・隅田川 (中公文庫)

作家
安岡章太郎
出版社
中央公論新社
発売日
2020-01-21
ISBN
9784122068254
amazonで購入する

利根川・隅田川 (中公文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

Tadashi_N

改造される前の利根川とその流域に住む人々の生活。水質汚染が最も酷い頃の隅田川。

2020/10/13

DEE

江戸城を水攻めから守るために流れを変えられた利根川。かなりの暴れ川で計画通りに行くはずもなく、収まるべくしてなんとなく治ったのが現在の形らしい。そしてひたすら汚くて目が痛くなるほど臭かった隅田川。 川の歴史とそこでの人々の暮らしが綴られている。当時の川沿いの雰囲気を楽しめた。 それにしても政治家が働かないのは昔も同じだったようだ。

2020/07/14

ぺっ君

安岡章太郎氏の利根川流域の紀行文、エッセイ。出自は前回の東京オリンピックの頃の週刊誌連載。江戸時代初期の利根川流路変更から当時までの出来事とそれに対する作者の考えから構成されている。環境破壊や公害、人工的な流路変更による流水不足などの影響、水源不足による水不足など当時の東京の水関連の社会問題がよくわかる。

2020/02/29

pigebs1

川紀行。珍しい! 地名が沢山で知らない場所は少しイメージしにくかったので、google mapや地図帳をセットで読めばもっと楽しめたかも、と少しだけ後悔…。

2020/09/13

ままごん

関東に住んでいて、その恩恵にあずかっていても、利根川や隅田川の流路がその時代によって付け替えられているのは、なかなか理解できない。どんだけの難工事を、パソコンや重機もなくて、人力だけで成し遂げてきたのか。渡瀬遊水地が足尾鉱毒事件に絡んで造られた話も驚いた。50年も前の著書だけど、いま読んでみても、とてもおもしろくて、ためになった。

2020/08/03

感想・レビューをもっと見る