読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

愛してるよ、愛してるぜ (中公文庫 や 65-2)

愛してるよ、愛してるぜ (中公文庫 や 65-2)

愛してるよ、愛してるぜ (中公文庫 や 65-2)

作家
山田詠美
安部譲二
出版社
中央公論新社
発売日
2020-04-22
ISBN
9784122068759
amazonで購入する Kindle版を購入する

「愛してるよ、愛してるぜ (中公文庫 や 65-2)」のおすすめレビュー

二人のアウトロー作家が読者の悩みに答えながら、波瀾万丈な人生を歩む!『愛してるよ、愛してるぜ』

『愛してるよ、愛してるぜ(中公文庫)』(安部譲二、山田詠美/中央公論新社)

 街中で知らない人たちの会話を耳にしたとき、私たちは何も思わず通り過ぎるだろう。会話の内容が惹きつけられるものでなければ。

 作家の安部譲二さんと山田詠美さんの対談集『愛してるよ、愛してるぜ』(中央公論新社)は、気心の知れた旧友たちの会話のようだ。豊富な人生経験のある二人だからこそ、私たちはその言葉を素通りすることはできない。

 若手の作家たちが影響を受けた人物としてこぞって名前を挙げる山田詠美さん。1985年にデビューして以来、ファンの心を離さず魅力的な小説を発表し続けている。そして小説の登場人物と同じように、山田さん自身も波瀾万丈な人生を送っている。

 対する安部譲二さんの人生は「波瀾万丈」という言葉だけでは足りないほど濃密だ。元ヤクザで逮捕歴もあり、生涯で9人の女性と結婚したと、以前安部さんは雑誌のインタビューで話していた。40代で極道の世界から足を洗い、作家としてデビュー。テレビタレントとしても活躍した。2019年に亡くなったが、この対談集を読んでいると、安部さんが今も東…

2020/5/20

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

愛してるよ、愛してるぜ (中公文庫 や 65-2) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

Inzaghico

人生相談のはずなのに、新婚の山田詠美ののろけ話になったり、安部譲二の道を踏み外しそうな恋の話になったり(隣に奥さんがいるのに!)で、笑いが止まらない。本読んで大声出して笑ったのって久しぶりだ。ふたりとも自分の生と性の全責任を引き受けて生きてきた。文句ばかり言ってないで、責任を引き受けて生きてきたかどうかって、ジジババになったときに如実に出る。ふつうの常人にはふたりのような生き方はできない。たぶん途中で絶対に死んでいる。ふたりとも、ここまで生きてこられたのが不思議なくらいだ(安部譲二は亡くなったが)。

2020/05/18

ふじこ

姉御肌のエイミーとチャーミングな安部さん。人としての豊かさに溢れたふたりから飛び出す言葉は金言の連続。どうしても子どもが欲しい主婦、在日三世との結婚を家族に許してもらえない女性、セックスレスになってしまった夫婦、妻の死から立ち直れない男性。寄せられたお悩みをきっかけに、ふたりの会話はどんどん横道に逸れていく。妻を愛し、詠美さんに対してもとても紳士的だった安部さん。彼がもういないことが残念でならない。それにしてもエイミーはどうしてあの大物作家に逆胸毛が生えてることを知ってるんだろう。

2020/05/12

ジェンツー

いきなり後書きの話。アナウンサーの宇垣美里さんは、学生時代山田詠美さんの本に救われたと書く。私もそうだった、と思い出して胸が熱くなる。自分で表現しきれない感情のひだが的確に言語化されたと感じて驚き、答えのない苦しさの中息継ぎができたように感じた。きっと同じような熱量で同じ作家の本を宝物のように思っている人を見つけた、その喜び。 安部譲二さんと詠美さんの人生相談はほとんど相談に答えず、しかし要所はついて、2人の人生の流れとともに語られる。安部譲二さんの本はまだ読んだことがない、これから読もう。

2020/11/02

はづき@読書する時間がない

読者の人生相談に答えるものかと思いきや、毎回話が脱線しているのが面白い。もはや人生相談という名の対談集。読者の人生相談には結構重い話とか、生々しい相談もあるのだけど、痛い現実を突きつけてきたり、この二人の人生経験だからこその答えなんだろうなと思うものがいくつもあった。

2020/06/14

まぶりな

一応、読者の悩みにお二人が答える形式なんだけど、毎回脱線しまくりで面白かった。連載期間中に、詠美さんの再婚あり、安部さんのプラトニックラブありww 本編が楽しかった分、ラストの詠美さんの安部さんへの追悼文が悲しかった。

2020/05/10

感想・レビューをもっと見る