読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

北条早雲5-疾風怒濤篇 (中公文庫)

北条早雲5-疾風怒濤篇 (中公文庫)

北条早雲5-疾風怒濤篇 (中公文庫)

作家
富樫倫太郎
出版社
中央公論新社
発売日
2020-06-24
ISBN
9784122069008
amazonで購入する Kindle版を購入する

北条早雲5-疾風怒濤篇 (中公文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

Junichi Yamaguchi

『もう十分に長生きした』… シリーズ完結。 歴史に疎い僕は、ドラマを見ているかのように熱中して読んだ。 彼の目指す「悪人」は、彼の息子、孫が引き続き担っていくのだろう。。

2020/07/19

財布にジャック

だいぶ前に「早雲の軍配者」を先に読んでしまったので、最後に小太郎が登場して、びっくりしました!読む順番が逆のほうが良かったのかもと後悔もしました。でも、北条早雲の生涯を思う存分堪能させていただきました。

2021/09/30

hrmt

山内と扇谷、両上杉軍の脅威を受けながらその内紛の機を見極め相模統一に向かう宗瑞。荒次郎と軍配者.獅子王院を亡き者にせんと、門都普はその命を投げ出す。難攻不落の城での籠城を探るために無謀な探索に命を落とす五平。血を吐きながら玉縄城を護った紀之介。多くの犠牲を払って成し遂げた伊豆相模統一。贅沢をせず、驕らず、人として当たり前のことを説いた宗瑞の死。「自分が生きることで他の誰かを救う」「皆が幸せに暮らせる国を作る」旧体制を覆した宗瑞の信念は、その後の北条氏へと受け継がれ『早雲の軍配者』『北条氏康』へと繋がる。

2020/09/29

佳乃

誰かの犠牲のために宗瑞の理想としたものがなっている。それは宗瑞はそれを心に刻む。その時代に誰も飢えることなく幸せな国を作るのはたやすいことではないのに、一貫としてそのことをしていくのは凄いことだ。皆に慕われ、最後の時も惜しまれてなくなる国主なのないだろう。ずっと先まで見越して孫のための軍配師まで・・・もっと先が気になる。宗瑞後の話もないかね。

2021/09/25

旗本多忙

備中の片田舎で育った新九郎は元服してから幕府に仕える父のいる京に上る。姉が駿河今川に嫁ぎ当主氏親を生んだ。その家臣として今川に仕えつつ、悪行三昧の足利茶々丸を成敗し、小田原城を落とし大名となり下克上を世に知らしめた。その陰には、宗哲や星雅、道灌、幼少期からの良き仲間に支えられ共に戦った。領民に慕われ伊豆と相模を治める領主となった。本巻は両上杉と何百年も続く豪族、三浦道寸一族との戦いから始まる。道寸と荒次郎は手強く新井城に籠城すること三年、伊勢軍も包囲すること三年に及んだ・・・一代記ここに完結。

2020/10/21

感想・レビューをもっと見る