読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

新装版 マンガ日本の歴史2-倭の五王と大和王権 (中公文庫)

新装版 マンガ日本の歴史2-倭の五王と大和王権 (中公文庫)

新装版 マンガ日本の歴史2-倭の五王と大和王権 (中公文庫)

作家
石ノ森章太郎
出版社
中央公論新社
発売日
2020-11-07
ISBN
9784122069442
amazonで購入する

新装版 マンガ日本の歴史2-倭の五王と大和王権 (中公文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

totuboy

そもそも日本の歴史の中で、4世紀から5世紀はほとんど文献資料が存在せず、暗黒の歴史ともいえる。その中で、どのように日本が統一されていったのかを、倭の五王を中心として描く。そもそもその試み自体がチャレンジングなものであり、一読の価値はあると思う。また、大王の権威がどのように高まっていったのかを、祭祀に注目して描いている点も新鮮。

2021/02/02

キョウ

天皇が実在していたのか?といわれている時代、全体の流れはこのような感じであったのであろうと思う。 次の巻を読む時には、巻末の時代概説から読んでみようと思うます。

2021/03/02

感想・レビューをもっと見る