読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ブラザー-警視庁組対特捜K (中公文庫)

ブラザー-警視庁組対特捜K (中公文庫)

ブラザー-警視庁組対特捜K (中公文庫)

作家
鈴峯紅也
出版社
中央公論新社
発売日
2020-11-25
ISBN
9784122069909
amazonで購入する Kindle版を購入する

ブラザー-警視庁組対特捜K (中公文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

前作を読みながら思い出してました、記憶がヤバイ(>_<典明さん、カッケー。続編は、あたしの記憶があるうちに読みたいです。

2021/04/24

まひはる

自分の命に巨額の懸賞金がかけられていると知った、警視庁組対特捜の東堂絆。首謀者の目的を探るべく捜査を開始する。一方、竜神会会長・五条宗忠の出生の秘密を知ってしまった弟の国光。身の危険を感じた彼は、死のドラッグ「ティアドロップEXE」の情報と引き換えに、なんと絆たち警察に自らの保護を要請してきたのだが…。

2021/09/03

ドットジェピー

面白かったです

2020/11/29

図書館ポイズン

読んでいるシリーズですが、前作を飛ばしてしまったので展開を理解するのが大変でした。 主人公が益々強くなっていることはわかった。 とりあえず、前作を読んで整理しよう。

2021/03/26

Hideo

うーん... 国光 なんぼなんでもにげられへんやろ! 捜査は相変わらず、「ほいほい」と自堕落屋頼み😅

2021/04/13

感想・レビューをもっと見る