読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

西から来た死体-錦川鉄道殺人事件 (中公文庫)

西から来た死体-錦川鉄道殺人事件 (中公文庫)

西から来た死体-錦川鉄道殺人事件 (中公文庫)

作家
西村京太郎
出版社
中央公論新社
発売日
2020-11-25
ISBN
9784122069923
amazonで購入する Kindle版を購入する

西から来た死体-錦川鉄道殺人事件 (中公文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

きまたよ

新幹線車中で元女優が毒殺された。引退してかなりの年月が経つのに数億の預金を持ち、優雅な生活をしていた彼女。出身の島根県日原と岩国を結ぶはずだった未成線「岩日北線」の実現に尽力していた。佐々木小次郎を好きだったという彼女を中心とした人間関係を十津川警部は紐解いていく。しかし、岩国から途中まで第三セクターがあるとしても、未成区間が長い。ここができるなら、越美北線と長良川鉄道(越美南線)をつなぐほうがよほど楽かと思う。

2020/12/20

感想・レビューをもっと見る