読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

利休の死-戦国時代小説集 (中公文庫 い 37-7)

利休の死-戦国時代小説集 (中公文庫 い 37-7)

利休の死-戦国時代小説集 (中公文庫 い 37-7)

作家
井上靖
出版社
中央公論新社
発売日
2021-01-20
ISBN
9784122070127
amazonで購入する Kindle版を購入する

利休の死-戦国時代小説集 (中公文庫 い 37-7) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

とん大西

滅びや終焉の哀愁を淡々と描く戦国短編集。それぞれ30頁ほどながらも濃厚な11話。表題作「利休の死」は秀吉との出会いを回想しながら最後の日を眺望する渋さ。もはや無念も何もない。漣すらたつことのない利休の境地にリアリティを感じる。お気に入りは、全く地味だが「佐治与九郎覚書」。浅野三姉妹の小督(お江)の最初の夫・佐治与九郎の流転。権力者により小督と婚姻し、引き離された悲哀。政略により再嫁を重ねる彼女もいつしか将軍の正室かつ生母という遠い存在に。仲睦まじかった二人、別離後の人生。与九郎の哀切が沁みてきます。

2021/02/20

GAMBAなsoccerおやじ

図書館で何となく「敦煌」以来で懐かしい筆者の名前が目に留まったので借りて読んだら面白かった。

2021/02/27

K子

井上靖の没後30年(命日は1月29日で、あすなろ忌というらしい)を記念して企画された短編集ということです。 井上靖というと芥川賞作家であり、現代もの純文学作品と、あすなろ忌の名の由来である少年時代を回顧した自伝的作品と、歴史小説、という大まかに三つの分野の作品がありますが、その中で海外で最も多く読まれ高く評価されたのは『猟銃』のような純文学作品であり、それにより1969年にはノーベル文学賞の候補にもあげられていたといいます。

2021/02/02

著者を繊細かつプライドの高い人だったのではないかと思わせる短篇集。場面の切り取り方と創作の仕方が巧い。女性視点の話をいくつか含めている点が意外だか、好ましい。

2021/05/03

ハル牧

表題作『利休の死』を初めて読んだのは中学の頃、塾で解いた問題集であった。当時は解説を聞いても読んでもさっぱり理解できなかった渋みを、10年経ってようやく読み取ることができるようになったのかもしれない。桶狭間に向かう信長の描写はこれまで何通り、あらゆる小説で読んできたかは分からないが、個人的にはこの短編集のものが最もピンと来ている。

2021/03/31

感想・レビューをもっと見る