読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

利休の死-戦国時代小説集 (中公文庫 い 37-7)

利休の死-戦国時代小説集 (中公文庫 い 37-7)

利休の死-戦国時代小説集 (中公文庫 い 37-7)

作家
井上靖
出版社
中央公論新社
発売日
2021-01-20
ISBN
9784122070127
amazonで購入する Kindle版を購入する

ジャンル

利休の死-戦国時代小説集 (中公文庫 い 37-7) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

とん大西

滅びや終焉の哀愁を淡々と描く戦国短編集。それぞれ30頁ほどながらも濃厚な11話。表題作「利休の死」は秀吉との出会いを回想しながら最後の日を眺望する渋さ。もはや無念も何もない。漣すらたつことのない利休の境地にリアリティを感じる。お気に入りは、全く地味だが「佐治与九郎覚書」。浅野三姉妹の小督(お江)の最初の夫・佐治与九郎の流転。権力者により小督と婚姻し、引き離された悲哀。政略により再嫁を重ねる彼女もいつしか将軍の正室かつ生母という遠い存在に。仲睦まじかった二人、別離後の人生。与九郎の哀切が沁みてきます。

2021/02/20

ソーダポップ

十一篇の短編を年代順に、戦国乱世の三十年を描いたオリジナルの小説集です。織田信長の少年時代から千利休が切腹するまでをたどっています。そして、戦国武将だけではなく、乱世に人生を翻弄されながらも力強く生きた女性を描いた作品も収録されていて、その意味で歴史小説のエッセンスが詰まっており、最初の短編から読むと歴史の流れが追えるようになっています。歴史小説が少々苦手な方でもすんなり物語の世界に入っていける、素晴らしく構成のとれた著書でした。

2021/06/26

しーふぉ

反権力であり心理描写が秀逸です。

2022/07/18

紫の煙

「乱都」に続く歴史小説で、時代がかぶる部分もありその差が際立つ。どちらも魅力的である。信玄の娘、松姫を主人公に武田の滅亡を描く「信松尼記」が印象に残った。井上靖氏の西域物を読んだ時にも感じた、淡々としながらも深い心理描写が好きだ。

2021/05/14

GAMBAなsoccerおやじ

図書館で何となく「敦煌」以来で懐かしい筆者の名前が目に留まったので借りて読んだら面白かった。

2021/02/27

感想・レビューをもっと見る