読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

チャリング・クロス街84番地-増補版 (中公文庫, ハ6-2)

チャリング・クロス街84番地-増補版 (中公文庫, ハ6-2)

チャリング・クロス街84番地-増補版 (中公文庫, ハ6-2)

作家
ヘレーン・ハンフ
江藤淳
出版社
中央公論新社
発売日
2021-04-21
ISBN
9784122070257
amazonで購入する

チャリング・クロス街84番地-増補版 (中公文庫, ハ6-2) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

KAZOO

昔愛読していた本が若干の増補版となって再刊されました。ニューヨークに住む古書愛好家の女性脚本家とロンドンの古本屋の番頭のような男性との心温まる書簡のやり取り(古書の探訪・購入とその入手経緯など)を終戦後の時代の状況を絡めながらの内容そのままを掲載されています。食料を送ったりその男性が亡くなったりと起伏があったりします。訳は文藝評論家の江藤淳です。いい本です。

2021/04/27

ココロココ

ネットで見て、面白そうだと思い、軽い気持ちで手にした。でも、それは間違いだった。今年も3分の1が終わったが、今年のベストかもしれない。軽い気持ちで手にするような本ではなかった。ロンドンの古書店に勤める男性とニューヨーク在住の女性脚本家の書簡集。でも、書簡集だからといって、侮ってはいけない。本への愛が溢れている。こういう時代だからこそ、後日譚を収録した増補版を出版して下さった出版社に感謝したい。ありがとう。

2021/05/05

Kiro

面白かった〜!今日の三時過ぎに手に入れて、もう読了。一気読みしてしまった。三島由紀夫のレター教室より、この本の方が好きかも。リアルだからかな?人間らしい、お付き合いって、最高ですね♫

2021/05/09

きみ

本を巡る暖かいやり取りに感動。博識の店員さんも素敵すぎた。本が好きでよかったな。

2021/05/11

ruru99034277

前々から気になっていた本。 増補版が出るとのことで購入(旧版買ったか記憶が曖昧) 本の愛に溢れる素晴らしい書簡集だった。何年前に欲しいと言った本をありますよっていって用意できるフランクさんはすごいなぁと感じた。

2021/05/07

感想・レビューをもっと見る