読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ウマし (中公文庫 い 110-5)

ウマし (中公文庫 い 110-5)

ウマし (中公文庫 い 110-5)

作家
伊藤比呂美
出版社
中央公論新社
発売日
2021-03-24
ISBN
9784122070417
amazonで購入する Kindle版を購入する

ジャンル

ウマし (中公文庫 い 110-5) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

佐島楓

食べ物を美味しそうに描写できる作家を私は尊敬しているのだが、そのリストに伊藤さんも加わった。食の官能的快感が余すところなく伝わってくる。

2021/04/05

Tomomi Yazaki

著者は好き嫌いの多い自称・食通。その淡々とした文章は、わがままで、自分勝手で、几帳面で、理屈っぽい。だけど何故か共感できて面白い。しょうもない題材の壮大な宇宙観を、読み手に押し付ける。いや、はなっから、読者のことは頭にないのかもしれない。まるで今やっているドラマの大豆田とわこのナレーターのような語り口。読むリズムと文章が妙にマッチして面白さに拍車がかかり、途中途中の言葉遊びも良いエッセンスになっている。いずれにしても、題名が、この書の全てを物語っていることに、間違いない。

2021/04/30

niz001

伊藤比呂美さん、もっと若い方かと思ってたけど違った。スモウ・ナベキャベジ・コンブチャ、えーw

2021/03/30

じい

ひろみさんらしい食?エッセイでした。疲れてるとき読むのにいいかも。

2021/04/18

感想・レビューをもっと見る