読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ていだん (中公文庫 こ 61-1)

ていだん (中公文庫 こ 61-1)

ていだん (中公文庫 こ 61-1)

作家
小林聡美
出版社
中央公論新社
発売日
2021-03-24
ISBN
9784122070448
amazonで購入する

ジャンル

ていだん (中公文庫 こ 61-1) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ぐうぐう

小林聡美がゲストを迎えての対談集、ではなく、鼎談集。この発想が素晴らしい(小林聡美から『やっぱり猫が好き』や『かもめ食堂』の、三人一組という連想があっての企画だったのだろう)。一対一で向き合う対談の緊張感、あるいは責任感といったものが、三人になることでほどよく分散され、緩和される。その効果が、どの鼎談にも表れている。毎回テーマがあるのもいい。それでいて、深刻になり過ぎず、硬くならず、楽しさがまず感じられるのもまた、鼎談の効果だ。いや、小林聡美の才能と言ったほうが正解かもしれない。(つづく)

2021/04/27

venturingbeyond

隙間時間を使って、さらっと一読。同業の方々との役者論や演技談義がやはり面白いかな。

2021/04/13

カノープス

小三治の名を見つけ購入。興味深い話が多々。

2021/04/01

感想・レビューをもっと見る