読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

嵐山光三郎セレクション 安西水丸短篇集-左上の海 (中公文庫 あ 95-1)

嵐山光三郎セレクション 安西水丸短篇集-左上の海 (中公文庫 あ 95-1)

嵐山光三郎セレクション 安西水丸短篇集-左上の海 (中公文庫 あ 95-1)

作家
安西水丸
出版社
中央公論新社
発売日
2021-06-23
ISBN
9784122070738
amazonで購入する Kindle版を購入する

ジャンル

嵐山光三郎セレクション 安西水丸短篇集-左上の海 (中公文庫 あ 95-1) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

博多のマコちん

数年前に読んだ町巡りのエッセイ「小さな城下町」がとても良くって今でも手に取って拾い読みすることがあり、その著者の短編小説集とのことで、期待して読み始めたが・・・・。情景を描いた雰囲気は似ているものの、そこにストーリーが入ると感じが違ってしまい、しっくりこないまま最後まで読むことになってしまった。この著者へのネガティブなコメントは避けたい。この方の小説は自分には向かないということでしょうね。私には感じられない良さは随所にあると思います。

2021/07/18

Mingus

作家としての安西水丸の短編集。水丸氏の飾りも屈託もないさらりと淡々とした文体は、まさしく迷いのない柔らかなフォルムを描くイラストのその通りで、読む者には淡くも優しい世界がどこまでも広がっていく。それはどこか懐かしくも切ないのだ。そして描かれる女性たちに射す影は、どこまでも深く落とされる。イラストも文章も然り、このコントラストこそ水丸氏の真骨頂。作品を読んでいると、水丸さんがモテてしょうがなかったという、春樹氏の話しがよくわかります笑 極めて私小説風なフィクションなのだが、どうなんだろう。。

2021/07/29

ruru99034277

ずしんと重い短編集。エッセイしか読んでない人はギャップをすごく感じそう。

2021/07/24

kentaro mori

ものすごい平易な文章。このさっぱり感はある意味理想かもしれない。

2021/06/28

ゆー

レモンの話と桶で身体を洗う女話ととうもろこし畑の話が好きでした。村上春樹のワタナベくんって水丸さんをモデルにしたと知って凄く納得。村上春樹の初期の青春小説と同様に物語に出てくる女性達に感情移入してしまう。ノルウェイの森の直子みたいな気分。この小説に出てくる女性達って凄く良い女みたいに描かれているけど結局そういう美しい部分しか要らないのねみたいな。彼に対する愛情が承認欲求に近い事とか。だからアマリリスのレイなんかは寧ろスッとする。美しさと悲しさと死がそこにただあってそれをじっと見つめる水丸さんに嫉妬するのだ

2021/08/04

感想・レビューをもっと見る