読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ボロ家の春秋 (中公文庫 う 37-2)

ボロ家の春秋 (中公文庫 う 37-2)

ボロ家の春秋 (中公文庫 う 37-2)

作家
梅崎春生
出版社
中央公論新社
発売日
2021-06-23
ISBN
9784122070752
amazonで購入する Kindle版を購入する

ジャンル

ボロ家の春秋 (中公文庫 う 37-2) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

アナーキー靴下

猫アンソロジーでも読んだ、三たびの「猫と蟻と犬」収録の短篇集。第一印象は悪かったのに『怠惰の美徳』に妙味を感じ好きになってしまった梅崎春生。本書は印象が大きく異なる作品が収められており新鮮だった。「黒い花」「零子」は大切なものを奪われたと感じる女性が愛されることを執拗に求め続けてしまう、そうした心情がリアルに伝わってくる作品。「ボロ家の春秋」は本の紹介通りユーモラスな作品。どちらにも通じるのは、人間の心理を非常に良く理解している、という点。だからこそ、胸に迫る作品も、思わず笑っちゃう作品もあるんだな。

2022/04/07

上品な本画好きな寺

こないだ出た文庫。編者の荻原魚雷曰く、『ボロ家の春秋』は21~2年ごとに文庫化されているそうだが、この表題作は青空文庫にあるので是非読んでみて欲しい。面白くてズルズル読んでしまう。今回復刊したのは、何かしら仕組まれているような気がする。というのも、先日、ちくま文庫から野呂邦暢の『愛についてのデッサン』が出て話題になっているが、野呂邦暢というペンネームは、『ボロ家』の登場人物から拝借したそうで、本書は野呂邦暢のエッセイ入りである。おまけに中公文庫は今月中に丸山豊の散文集を出すのだ。丸山豊というと、(続く)

2021/07/02

ゆきらぱ

文体が重い「黒い花」「零子」が好み。「ボロ家の春秋」は最初おしゃべりを聞いている気分で読んでいたが次第に愚痴っぽくなりなかなか読み進めずでした。

2021/08/11

スリーピージーン

名前は知っていても読んだことのない昭和の作家は多い。梅崎春生を初めて読んだ。二人を刺殺した女囚の独白『黒い花』、初恋の謎の美女を想う『零子』、勤務先の金の横領を企てて街を彷徨う『拐帯者』、主人公と生き物たちとの闘い『猫と蟻と犬』。どれも1950年代初めの作品で、細部から時代のにおいが浮き上がってきて、当時の日本人の息苦しさが感じられる。表題作は直木賞を受賞したらしいが、これが?受賞作?と思うほどユーモラスだ。虫下しチョコレートなんて初めて知りました。古い時代の暮らしを知るのは読書の楽しみのひとつ。

2022/07/23

博多のマコちん

野呂邦暢の巻末エッセイが付いているという帯の宣伝文句に惹かれて購入。中・高校生のころ家にあった新潮社の赤いケースの日本文学全集にもこの作家は有ったと思うけれど多分初読み。読みやすい文体で書かれた5編とも、落ち着いて読むことが出来たが「感想」となると何とも言い表しにくい。昔から馴染んできた小説らしい小説、というところ。解説では、初期と中期以降で作風が変わったと書いてあり、表題作は別々の文庫で21~22年おきに刊行されているとのこと。なるほど所々可笑しくて笑ってしまう不思議な味わいの作品でした。

2021/08/27

感想・レビューをもっと見る