読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

青空と逃げる (中公文庫 つ 33-1)

青空と逃げる (中公文庫 つ 33-1)

青空と逃げる (中公文庫 つ 33-1)

作家
辻村深月
出版社
中央公論新社
発売日
2021-07-21
ISBN
9784122070899
amazonで購入する Kindle版を購入する

ジャンル

青空と逃げる (中公文庫 つ 33-1) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ろくせい@やまもとかねよし

人生の一つの意味を確認した読後。突然のスキャンダルで、理不尽に日常を犯された家族。日本縦断逃避行の中、38歳の母と小学5年生の息子の心境で物語を綴る。決して利己的ではない母と息子の気持ち。しかし、微かなずれで同調できない。そんなすれ違いでも、感じる無根拠な求心。縁もない人たちの絶妙な利他が、そんな感情を確信させる。写真館の老主人に言わせた「必要としてくれる人で、やめるにやめられなくなった」。一人でも他者から伝えられる生きて欲しいとの想い、そしてただそれに応えたい情緒。人生は自分だけのものではないと表すか。

2021/08/17

あすなろ

本作品は、母と息子の逃避譚であり、ロードノベルである。それと同時に母と息子其々の成長譚でもある。正直、全体のストーリー自体はそれ程でもないかなとは思う。しかし、逃避譚と其々の成長譚に辻村氏の心理描写があり、逃避地各地の絶妙な描写を掛け合わせると次々頁を読者として巡らされ、登場人物に心理描写に没頭させられたのである。その各地全てに行った事があるが、中でも大分別府の描写は魅力的であり、再度訪問したいと思った。そして最後に。人は守るべきものがある時に強くなるのである。背負う物がある者は強いのである。

2022/01/30

SJW

舞台俳優である夫が交通事故に合い、同乗していた大物女優との不倫が発覚し夫は姿を消す。残された早苗と息子の力は、高知の四万十、兵庫の家島、大分の別府、宮城の仙台とマスコミや事務所の人たちからの逃亡生活をすることに。生活力のない早苗が、生活のために苦労をしながら徐々に逞しくなっていく様子や、力の成長する姿がいじらしく愛おしかった。

2021/11/22

ふう

手を伸ばせば誰かがきっと受けとめてくれる…。辻村作品を読むと、そんな人と人の繋がりの温かさに胸を打たれます。主人公は逃げる母子ですが、母子に手を差し伸べてくれる周りの人々も様々なことを抱えていて、誰もがその人生の主人公だと教えられます。砂かけ師の同僚の言葉や写真館の椅子にメガネが置かれた場面では、思わず涙がこみ上げてきました。「助けてもらえ。誰かが助けを求めていたら、自分もきっと助けるから。」父親の言葉も、簡単だけどともすれば忘れがちな大切なことを伝えてくれます。

2021/11/18

えみ

独りではない強さ、守るものがある人の勇気、無条件の優しさ。人が必死に生きる姿は胸に迫るものがある。人が人を追い詰める悲愴の中に希望があり、不安で途方に暮れる中でも成長する強さがある事を教えてくれた、愛おしさが溢れる物語。これがもし私だったら…そう思うと突然の悲劇に眩暈がしそう。自分の意思など関係なく、予感も心の準備さえなく、ただ突き付けられた現実と世間の嘲笑と悪意に追い立てられる日々。夫の事故、まさかの同乗者、そして失踪。悪化する事態の中で置き去りにされた母子の逃避行。結末知らずに本を閉じる事はできない!

2021/08/29

感想・レビューをもっと見る