読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

新装版-聯愁殺 (中公文庫 に 18-9)

新装版-聯愁殺 (中公文庫 に 18-9)

新装版-聯愁殺 (中公文庫 に 18-9)

作家
西澤保彦
出版社
中央公論新社
発売日
2022-06-22
ISBN
9784122072190
amazonで購入する Kindle版を購入する

新装版-聯愁殺 (中公文庫 に 18-9) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

おうつき

新装版で再読。初めて読んだ西澤作品がこれで、かなりお気に入りの一冊。オチは覚えていたが、それに至るまでの過程をすっかり忘れていたので推理合戦を存分に楽しむことができた。多分このややこしい多重解決はきっとまた記憶から抜け落ちてしまうと思うのでまた数年経ったら読み返したいと思う。

2022/09/17

ふぃすか

そういえば読んでなかったな、ということで。推理合戦系はどうしても『チョコレート殺人事件』を思い出してしまう。後出し事実キター!みたいな。登場人物ほぼ難読名字とかやめていただきたいんですけど…という感想で胸がいっぱいに。全部にとは言わないから各頁の最初のひとつに毎回ルビ振ってほしい。よろしく編集さん。一礼比さんに隠し事があると判明した時点で嫌な予感しかなかったのだけど、マジで嫌なオチだった。西澤さんだなぁ…(つくづく) 恋謎会の人達がいい面の皮すぎて苦笑いするしか。双侶さんはちょっと脇が甘すぎると思うんだ。

2022/06/29

オオイ

ウ~ン ? テンポが良くない なかなか進まず途中から斜め読み。

2022/08/11

あゆみ

★★★☆☆ あとがきにある【多層的推理合戦の果てに得たものは事件の解明ではなく新たな悲劇だった】が全て。 薄々 こいつが怪しい…と思ったら結果その通りで、蓋を開けたら一番ヤバイやつで、そこまでは予想出来なかった…!の意外性があった。 後半のスピードは早かったが、如何せん出てくる人物が全部難読で、なんて読むんだっけ?と戻って確認を何度もしてるうちに、途中から諦め適当に読んでいたところがある。

2022/09/22

agtk

おなじみの推理合戦、このネタで一冊もつのかなと思ったけど、いろんな推理が出てくるものだ。推理の後から隠されていた事実が出てくるパターンはちょっともやもや。とはいえ、西澤さんの推理合戦ものは好きなので楽しんで読んだ。最後あんな結末とは思いもしなかった。

2022/08/12

感想・レビューをもっと見る