読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

冴子の東京物語 (中公文庫 ひ 39-1)

冴子の東京物語 (中公文庫 ひ 39-1)

冴子の東京物語 (中公文庫 ひ 39-1)

作家
氷室冴子
出版社
中央公論新社
発売日
2022-06-22
ISBN
9784122072220
amazonで購入する Kindle版を購入する

冴子の東京物語 (中公文庫 ひ 39-1) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

kashiha

今年は氷室氏の再刊が多くて嬉しい。表紙も今日マチ子氏でいい感じ。初読。東京物語とあるが、上京物語ではなく、東京にいる時のエッセイという意味のようだ。電話代より東京の部屋代が安いって凄い。固定電話は遠距離であるほど電話代が高かったなーと思い出す。家族話題が少なめ、日々のエッセイ。テンポよく、大変楽しい。三味線のお稽古についての「桐壺返り」、北斗の拳にハマった「一子相伝な美学」が面白かった。あと、著者の父の話「父の国鉄物語」と、親友の話「十年ののち」は、父への敬愛、親友への友愛が印象的だった。

2022/09/25

千景

長電話のしすぎで「この電話代払うなら東京のそこそこいい家に住めるな…」って東京に引っ越すって…長電話やばいな…と思ったけど、よく考えたら私も、LINE通話は無料だからって平気で4時間ぐらい通話してる……🤔おや? 少しずつ変わって来てるような気はするが、 しかし根本的なところはなかなか変われないのだろうか。 女が女として強く生きていくこともまた美しいのでしょうが、女も男も関係なくただ揺蕩うように生きていきたいなと感じる……。二分されるの、疲れたよー。

2022/06/27

kzm

とても読みやすく面白いエッセイ。面白いだけでなく、国鉄のお父さんの話はジーンと来た。

2022/08/14

sea

氷室さんはきっと誰よりもまっすぐで純粋な人なんだと思うのだけれど、そのまっすぐの軌道が明らかに大多数の人と違う方向に突き抜けているからおもしろい。そのユニークさを当人がてんで気づいてないことを含め。 青山美智子さんの解説はほんとうに素晴らしく、氷室さんへの愛に満ちていて、いつかわたしもこれほど愛に溢るる言葉を届けられる相手を見つけられたら、その人にこれほど全身全霊で愛を伝えられたら、この世に思い起こすことなどないなぁと、大それたことを思った。

2022/08/03

とんとん

祖父の葬儀の準備をしているときに見た、不自然な鬘を付けた男性。何年も経って、その男性の姿が脈絡なく浮かんで来た時のことが書かれた「記憶」がすごい。〈田舎には不思議な逞ましさ、生命力とでもいうべきものがあって、仮通夜だろうと本葬儀の席だろうと、目引き袖引きのうわさ話や人物批評は常に、生き生きと行われる〉……こんな文章なかなか書けないです。

2022/07/10

感想・レビューをもっと見る