読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

必要になったら電話をかけて (村上春樹翻訳ライブラリー)

必要になったら電話をかけて (村上春樹翻訳ライブラリー)

必要になったら電話をかけて (村上春樹翻訳ライブラリー)

作家
レイモンド・カーヴァー
Raymond Carver
村上春樹
出版社
中央公論新社
発売日
2008-07-01
ISBN
9784124035117
amazonで購入する

必要になったら電話をかけて (村上春樹翻訳ライブラリー) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ヴェネツィア

村上春樹が翻訳者でなければ。おそらくカーヴァーを読むことはなかっただろう。そうすると、20世紀アメリカ文学についての、ある一側面を知ることもできなかったことになる。本書に収録された5つの短篇は、いずれもカーヴァーの没後に発見された遺稿を編集したものであるが、そうは思えないくらいに短篇集としての統一感を持っている。いずれの物語にも、大きな事件が起こる訳でもなく、もはや若くないカップルのいわば淡々とした日常が描かれるのだが、そこには生きていることの確かさのようなものが強いリアリティを持って迫ってくるのである。

2013/02/05

ましゃ

読友さんより「結婚・離婚・ダブル不倫」と本書を紹介され気になっていた短編集。どれも上手くいってない夫婦がメインの話で緊迫してるんですが、そこはアメリカ‥巧みな会話と雰囲気が出てる訳文はむしろ読んでて心地良かった。周りの人達はみんな親切にしてくれて生活に不満は一切ないのに夫婦の関係だけは疲弊している。夫婦っていうのはどちらかに気持ちのズレが生じるといとも簡単に気持ちが離れていくものなのかと考えさせられちゃいました。どれも読んでてもどかしいんですが、これがリアルな大人の恋愛模様でありアメリカ文学なんだと思う。

2017/11/17

OCEAN8380

レイモンド・カーヴァーの未発表の短編集。薪割りと夢は面白かった。ただしもう少し手を加えていればもっといい作品に仕上がっていただろう。

2018/07/07

佐島楓@勉強中

カーヴァーという作家には、春樹さんが訳を担当されていなかったらおそらく出会えなかっただろう。この短編集には未発表だった作品も含まれている。人生において置き忘れたり失ったりしてきたものを恢復しようとしている話のように感じられた。原文で読んでみたい。

2012/08/13

En

カーヴァ―が亡くなってから発掘された、未発表短篇集。初カーヴァ―!「薪割り」と「どれを見たい?」がよかったです。登場人物たちの距離感がリアルで、孤独感や静けさが文章から伝わってきた。

2014/08/09

感想・レビューをもっと見る