読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

人生行動科学としての思春期学

人生行動科学としての思春期学

人生行動科学としての思春期学

作家
笠井 清登
岡ノ谷一夫
能智正博
福田正人
出版社
東京大学出版会
発売日
2020-09-24
ISBN
9784130111485
amazonで購入する

人生行動科学としての思春期学 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

Go Extreme

デフォルトモードの行動=基底生活行動 価値:行動をその人らしく能動的に選択するよう突き動かす駆動因 価値の主体化・主体価値 A Y A世代 主体価値一基底生活行動一脳可塑性スパイラルモデル トラウマインフォームド 生活史戦略 繁殖と生存のトレードオフ 生物的要因と社会的要因の相互作用 言語の起源:思考orコミュニケーション 階層性+意図共有→人間言語 心の理論 AYA 世代の精神症状形成と脳発達 ケース・コントロール・コホート研究 主体性を大切にする支援 トランジションとAYA 世代支援の重要性

2020/10/19

感想・レビューをもっと見る