読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

水野仁輔 カレーの教科書

水野仁輔 カレーの教科書

水野仁輔 カレーの教科書

作家
水野仁輔
出版社
NHK出版
発売日
2013-05-16
ISBN
9784140332801
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

自分がイメージした味と香りに。自由自在のカレーづくり!

著者の15年間におけるカレー研究の集大成本。国民食“カレー”の成り立ちを、独自の「ゴールデンルール」を基に解明。オリジナルのカレーづくりに応用可能なhowtoを紹介する、従来のレシピ本とは一線を画した日本初のカレー理論書。今後数十年は、この本を超えるカレー本は出版されないかもしれない。

[内容]
Chapter 1 カレーのすべて
Chapter 2 カレーの原則
Chapter 3 カレーの技術
Chapter 4 カレーの応用
カレー作りの調理器具
玉ネギ炒めの考察
本書で紹介したチキンブイヨンの作り方
本書で紹介したカレーの作り方
カレー別スパイス使用頻度

水野仁輔 カレーの教科書 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

アズル

水野さんのカレーに対する集大成の一冊。前から欲しかった本だったので、購入出来て良かったです。玉ねぎの炒めについて詳しく写真つきで書かれているので、参考になります。私も、ある料理本の中で「玉ねぎを炒めるときにはちみつを入れると、飴色になる」とあったのが、気になっていました。

2014/10/14

Shimpei Nakajima

カレー+うどん≠カレーうどん という式の証明を知りたければ、読むべき教科書である。

2016/09/26

あせろら

これ一冊でカレーをシステマチックにつくることができそうだ。

2018/08/22

鴨ネギ

夏はカレーって聞くけど、市販のルーしか使ったことがなかった。以前、ネットでカレーの記事を見た事があるのだけれどスパイスの事はなにも知らなかった。興味はあるのだけれど1度しか使わないで処分するのももったいないので詳しい本を考えていた。この本はすごい。特に玉ねぎのカラー写真。手始めはスパイス数種類で出来ること。追求していけばカレーに終わりはなさそうです。

2014/08/02

やいとや

どの料理もなんとなくで作り、それなりにおいしく食べられていたのだが、先日、ひょっとして自分のカレーは根本的に間違っているのではと勘付いた。ボンディとロイホでの出来事。当たってた。カレーは煮込みじゃないことを明確に教えてくれる本。しばらく暇がないので実践できないのが残念だが、まずは教科書とおりからやり直しだ。でも、その先が楽しみになる。うまいカレーレシピを発明できるかという希望を持たせてくれる。

2014/07/12

感想・レビューをもっと見る