読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ソフィーの世界 哲学者からの不思議な手紙

ソフィーの世界 哲学者からの不思議な手紙

ソフィーの世界 哲学者からの不思議な手紙

作家
ヨースタイン・ゴルデル
Jostein Gaarder
池田香代子
出版社
NHK出版
発売日
1995-06-01
ISBN
9784140802236
amazonで購入する

ソフィーの世界 哲学者からの不思議な手紙 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ehirano1

もう彼是十年くらい以上も前に読んだっきりだったのですが、何故か本書が本棚から当方を呼んでるような気がして、再び手に取ってみました。「哲学史ファンタジー」というのは出版当時は独創的だったと思います。哲学史自体でヒーヒーなのでファンタジーまでは楽しむには至らず残念でしたが、哲学史入門辺りを数冊当たった後であればかなり楽しめるではないかと思いました。また近いうちに!

2020/07/05

のっち♬

「14歳以上のおとな」向けに対話形式で西洋哲学の概要や歴史が語られる。優しい言葉と巧みな比喩、軽妙な語り口が行き渡っており、ファンタジー要素も程よくアクセントになって、哲学に触れたことのない人でも楽しく読める内容になっている。現代哲学に対する異様な素っ気なさとちょっとした出しゃばり感があるが、哲学者たちの繋がりもわかりやすく、筋道を照らす意味でも読者を哲学の入り口に立ちやすくしている。物語性が主軸になったラスト100ページではメルヘンな雰囲気と縦横無尽な場面展開が強烈で、遊び心が至る所に溢れかえっている。

2020/11/19

トムトム

続けて3回読むと面白い。哲学はオカルトではなく自然を知りたい好奇心、つまり自然科学なんだ!この本を読むと、かっこつけてラテン語の哲学用語を多用する人間を論破できるようになります。1回目読むと、キツネにつままれた気分。続けて2回目は、そういう事か!と納得。3回目に伏線回収!2週間ぐらい、この本だけ読んでいた(;^ω^)

2019/07/12

ehirano1

#人間は説明なしには生きていけない。#善も悪も全体の中に欠かすことのできない居場所を持っている(~ヘラクレイトス)。#ものを結び合わせるのが「愛」で、バラバラにするのが「憎しみ」。#哲学を勉強することはできないが、哲学的に考えることは学べる。

2020/10/04

まさにい

いや~面白かった。金曜の夜から読み始めて日曜の夜までずうと読み続けてしまった。しかも右手に鉛筆をもって本の欄外に図を書いたり、本文に線を引いたりして。哲学は全く素人なので初めて知ることが多すぎた。再読しなければならないだろうとはおもっていたので、再読の手助けに鉛筆での注意書きであった。それにしても、哲学はキリスト教などの大文字のGodに長いこと苦しめられていたのですね。この本、一神教とは何かを全然考えなかった若いころに読んでも全く理解できなかったと思う。また近いうちに再読して頭整理しなくては。

2016/08/22

感想・レビューをもっと見る