読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

中野京子 特別授業『シンデレラ』 (NHK100分de名著 読書の学校)

中野京子 特別授業『シンデレラ』 (NHK100分de名著 読書の学校)

中野京子 特別授業『シンデレラ』 (NHK100分de名著 読書の学校)

作家
中野京子
出版社
NHK出版
発売日
2019-03-01
ISBN
9784140817667
amazonで購入する

中野京子 特別授業『シンデレラ』 (NHK100分de名著 読書の学校) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

☆よいこ

3つのシンデレラ物語の違いと変化を時代背景などを見て読み解いて比べていく。[ペロー版]仙女、かぼちゃの馬車、ガラスの靴、12時のタイムリミットなど魅力的なアイテムが多い[グリム版]シンデレラも王子も行動的、シンデレラに知恵と勇気がある[ディズニー版]音楽、キャラクターの魅力大。夢を見たい子供向け、ヒロイン性。▽イタリア版オペラ『チェレネントラ』も面白い。その他、関連映画やミュージカル、絵本の紹介あり。▽図書館版はハードカバーふりがな親切で読みやすい。2017年7月に筑波大学付属中学で行われた授業を書籍化。

2019/11/20

へくとぱすかる

恥ずかしいことに、「シンデレラ」が個人名でないことも、初耳でした。私たちがよく知っているつもりのシンデレラも、読み解いてみると、時代による変遷があり、逆に時代を読み解くカギになるようだ。魔法の出てこないヴァージョンもあるという。物語の起源はまだ確定していないらしいが、9世紀の中国までさかのぼれるとは意外。物語に対する現代の批判は、シンデレラの、他人に助けてもらうばかりの姿勢にあるらしいが、著者はある程度は大目に見たいという。確かにいじめられている立場の人間に、自助努力を第一に求めるのは酷な話だ。

2021/01/28

おはなし会 芽ぶっく 

ペロー、グリム、ディズニーのそれぞれのシンデレラを比較。絵本での比較はしたことがあったけれど、オペラやミュージカルなど色々と表現されているのだと知りました。以前、子ども達はディズニーのシンデレラしか知らないので、グリムのシンデレラの話をした時は驚いていました。この本を読んで、もしかしたら、中国の纏足からひろまっていったのかも?という説には驚きましたけれど。

2020/01/23

アナーキー靴下

ペロー、グリム、ディズニー版シンデレラ解説。歴史背景等全体的にわかりやすい説明で嬉しい。が、ペロー版シンデレラが何の行動もせず棚から牡丹餅を待っている、は違和感。私にはキリスト教の正しい行いは報われる的な思想が根底にあるように思え、子供にしか許されない夢、と論じるのはどうかと。ディズニー嫌いと感じる表現が多く、深みが足りないと言いながら、比較がフェミニズム視点に傾倒し過ぎと感じた。中学の授業用に話の軸を単純にしたのかな。※好きなものへの批判や貶めは不快、を教えてくれる本書。私も反省、と思いつつ批判…

2020/08/22

みかりんご。

【図書館】誰もが知っている童話「シンデレラ」の裏を読む!◆「シンデレラ」にはルイ14世に仕えた宮廷詩人シャルル・ペロー版、それを基にしたディズニー版、そして民間から採取したものを編纂したグリム版があり。内容は前半は似ているけど中盤以降がかなり違う。私が幼い頃読んだのは、たぶんペロー版とグリム版両方(ペロー版は幼稚園で?グリム版は母方の祖父が買ってくれた)なので、頭の中で入り混じっています。そのため「継姉2人が足の指をちょん切ったり踵を切り落とす」のが、世にいう「シンデレラ」なんだと思っていました…。

2019/10/05

感想・レビューをもっと見る