読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

NHK「100分de名著」ブックス アルベール・カミュ ペスト: 果てしなき不条理との闘い

NHK「100分de名著」ブックス アルベール・カミュ ペスト: 果てしなき不条理との闘い

NHK「100分de名著」ブックス アルベール・カミュ ペスト: 果てしなき不条理との闘い

作家
中条省平
出版社
NHK出版
発売日
2020-09-25
ISBN
9784140818299
amazonで購入する Kindle版を購入する

NHK「100分de名著」ブックス アルベール・カミュ ペスト: 果てしなき不条理との闘い / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

アキ

著者は現在カミュ「ペスト」の新訳に取り組んでいる最中らしい。翻訳という孤独な作業を行っているところに今回のコロナ禍。改めてこの70年も前に書かれたフィクションの一文一文に、深いカミュの洞察と彼の生い立ちからの言葉を感じ入り実に滋味深い洞察になっている。フランスは今でも神の存在が大きい土地であり、不条理への血の通った人間の物語だけでなく、ヒロイズムの否定、記憶のための言葉の力への信頼など現在に通じる指摘が染み入るように読めた。この書はNHKのスタッフが語りをまとめたものだが、新訳ペストが出たら必ず読みます!

2020/10/24

おたま

内容は、以前読んだ「100分de名著 アルベール・カミュ『ペスト』」と同じ。それをブックス版で再発行したもの。なので、既出部分は流し読み。ただし、この中には「ブックス特別章 コロナ後の世界と『ペスト』」が含まれており、これを読むだけでも十分価値がある。また、現在著者の中条省平さんが『ペスト』の新訳をしているとも書かれている。本文の中でもご自分で訳された文章を使っていられるが、非常に明快な文章だ。中条さんの新訳による『ペスト』が出版されたら、ぜひ読みたいものだ。大変期待している。

2020/10/27

ズー

コロナ禍で全世界で読まれるようになった「ペスト」がどんな作品なのか知りたくて読んでみた。この本で、どんな話か大筋は分かったけれど、やはり本作も読みたくさせる。カミュの世界 人間 死 の考え方に感銘を受けた。70年前に書かれたとは思えない内容。人は生まれた時から死刑宣告を受けている。厄災は完全になくなることはない。完全な自由などない。いかに自分ができることをするか。

2020/11/01

takakomama

「ペスト」を読む前の予習。「ペスト」は70年前のフランスを舞台にした小説ですが、「ペスト」を「コロナ」と読み替えると、まさに今の社会のようです。ブックス特別章は圧巻! 言葉の力を信じて、責めたり傷つける言葉ではなく、いたわる言葉、優しい言葉、労いの言葉を言いたいです。相手の過去の経験などを知った時、その人をより一層理解でき ると思います。

2020/11/18

にしの

100分de名著の番組内で、カミュ『ペスト』を担当した中条省平による作品解説。番組と同じようにわかりやすさと今を生きる私たちへの現代性に重点が置かれている。番組放送時との決定的な違いは、本著がコロナ禍で出版されたことだ。この疫病にあって、カミュが言う追放された人々になってしまった我々にペストと言う小説は特別な意味を持って迫ってくる。推しを見つけるような気持ちで、ペスト禍の不条理と向き合う作中人物たちに気持ちを寄せるのがよいのかもしれない。コロナ禍で疲れ果てた日々の向き合い方はきっと変化する。

2021/01/10

感想・レビューをもっと見る