読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

試験に出る哲学―「センター試験」で西洋思想に入門する (NHK出版新書 563)

試験に出る哲学―「センター試験」で西洋思想に入門する (NHK出版新書 563)

試験に出る哲学―「センター試験」で西洋思想に入門する (NHK出版新書 563)

作家
斎藤哲也
出版社
NHK出版
発売日
2018-09-11
ISBN
9784140885635
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

「センター倫理20問」にチャレンジすれば 西洋思想がサク分かり!

思想の重要なポイントが毎回出題される「センター試験・倫理」。哲学を学び直すなら、これにあたるのが一番。ソクラテス、プラトンからニーチェ、ウィトゲンシュタインまで、厳選20問にチャレンジし、解説とイラストを楽しむうちに西洋思想の基本がサラリと頭に入ってくる。大ベストセラー『哲学用語図鑑』の監修者、初の書き下ろし新書!


Ⅰ 哲学は「無知の知」から始まった
 ──古代ギリシャ哲学からスコラ哲学へ

Ⅱ「神」が主役の座を譲り、退場していく
 ──近代哲学のエッセンス

Ⅲ ひねくれた哲学者たちが
  「当たり前のこと」を疑いはじめた──近代批判の哲学

「試験に出る哲学―「センター試験」で西洋思想に入門する (NHK出版新書 563)」のおすすめレビュー

何でもかんでも「やばい」と言うのは実は哲学的! 哲学で現代語を読み解くと…

『試験に出る哲学 「センター試験」で西洋思想に入門する』(斎藤哲也/NHK出版)

 高校時代の勉強といえば、受験勉強や専門技術の習得などばかりで、大人になってみると、学んだことを用いて自分で「考える」ということができていないのではないだろうか。

 倫理の科目は、大学受験であまり採用されていないこともあり、高校での勉強がおろそかになってしまいがちだ。しかし倫理という科目には、わたしたちが社会で生きていくときに自分の頭で考えるための糧となる「哲学」が含まれているから、これをないがしろにしてはもったいない。

 本稿で紹介する『試験に出る哲学 「センター試験」で西洋思想に入門する』(斎藤哲也/NHK出版)は、大学入試センター試験の倫理科目に実際に出題されたものを紹介しながら、哲学の世界に歩みを進めるための良質な入門書である。

■現代はいわば「ヘレニズム的」。その理由は?

 ソクラテス、プラトン、アリストテレスは古代ギリシアの哲学者として、現代においても非常に有名である。ところが、そのあとのヘレニズム期に活躍した哲学者は、それに比べるとマイナーなのではないだろうか…

2018/10/29

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

試験に出る哲学―「センター試験」で西洋思想に入門する (NHK出版新書 563) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ころこ

「倫理」という科目のセンター試験で出題された選択式の20問の問題をダシにして、哲学史をまとめています。なぜ文科省は「倫理」と付けるのか。本書のタイトルは「哲学」「思想」となっています。類書で思いつくのは熊野純彦『西洋哲学史』ですが、想定される読者に対する効果は本書が優れています。読者の理解に引っ掛かり易いように、全体の見取り図や類似の比較、問題を使った原文の引用、箇条書きなどの工夫がされています。事実、気の利いた表現による再発見が幾つもありました。読書時間も熊野本2冊と比べると5分の1でしょう。

2018/10/07

trazom

「試験に出る哲学」というから、バカロレアの哲学の問題のようなものだと思っていたから、本書の内容には驚いた。掲載されたセンター試験20問は、単なる「哲学史の知識問題」。しかも、問題は余りにも簡単で、これなら世界史や日本史の暗記に必死になるよりも、よほど効率的に点数が稼げること請合いである。高校では、こんなものを哲学だと教えているのかと背筋が寒くなってくる。そのことへの反発もあって、著者は、この本を書かれたのだろうが、でも、今更こんな概説を読むくらいなら、それぞれの原典ともう一度格闘する方がよほど意味がある。

2019/03/12

ネムル

センター倫理なんて暗記もんやろ?と舐めてかかったら、良問も少なくない。クイズと哲学はちゃうで!なんぞと野暮なこと言わずに、よい塩梅の入門一歩手前だと思う。

2019/02/06

よしよしニャンコ

いろいろと壁にぶつかっているので、試しに過去の頭いい人たちの考えに触れようと思い読んでみた。古代ギリシアで「無知の知」や「イドラ」などと言っているうちはわかりやすいが、現代に近づくにつれて哲学者たちの云っていることが難解、複雑になっていく。哲学者の論とその人のお国柄や時代背景とがリンクしているのがおもしろい。夢中で読んだが、読み終わると同時に何が書いてあったかをすぐ忘れてしまう。「畜生、「無知の知」なんてことばっか言ってるから財政破綻すんじゃないのー?!」というのも、「市場のイドラ」というのかな。

2018/11/17

kubottar

センター試験『倫理』の出題から考えていく哲学入門書。

2019/07/03

感想・レビューをもっと見る