読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

がんから始まる生き方 (NHK出版新書)

がんから始まる生き方 (NHK出版新書)

がんから始まる生き方 (NHK出版新書)

作家
養老孟司
柏木博
中川恵一
出版社
NHK出版
発売日
2019-07-10
ISBN
9784140885918
amazonで購入する Kindle版を購入する

がんから始まる生き方 (NHK出版新書) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

coldsurgeon

医師と患者のコミュニケーションは大変重要である。病名告知、インフォームドコンセント、共感力、寄るそう姿勢、などさまざまのことが言われるが、どれも的確ではない気がする。医療者と患者との間にあるヘルスリテラシーを小さくしようとする努力をしながら、治療法の選択を、患者にすべて委ねることを回避しなければ、けないのかもしれない。

2020/04/09

Asakura Arata

多分がんになったら、生活がガラッと変わるだろうことは予想できる。できるだけ楽しいものにしたいと思うが。中川先生が日本人はヘルスリテラシーが低いというが、それならなぜ世界一の長寿国になれたのだろう。そこがひっかっかった。

2019/11/20

Akira Yoshlda

癌化した部位は違うが、がんという病に罹患し、入院し手術し抗がん剤治療中の身として、同じような体験をし感じ方をしている著者に、立場は違えどエールを届けたい。自分的には、2年後の生存率を気にするのでなく、今日を、今をどう乗り越えるかに注力し、その積み重ねが明日に繋がっていくと思いたい。医者の看たてと判断を信じ寛解することを願うのみだ。

2019/08/03

K

希少がんに罹患した大学教授とがんサバイバーでもあるその主治医、そして主治医の恩師で教授の友人でもある解剖学者が、がんの発覚から寛解に至るまでを綴り、死生観や医療のあり方を鼎談で語り合う。柏木先生の穏やかさ、中川先生の率直さ、養老先生の至言の数々(社会的な人間関係の中で、人は成熟していかないといけないが、その必要とされているはずの成熟がなくなってきている。身近な人があまり必死になっていると、周囲はつらいもの。人間は生まれた限りみな不治の病にかかっている、死ぬんだから、等々)が印象に残りました。

2019/12/17

神谷孝信

実際にがんにかかった経験に基づく生きる指針となる内容。4

2019/09/02

感想・レビューをもっと見る