読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

もっと試験に出る哲学: 「入試問題」で東洋思想に入門する (NHK出版新書)

もっと試験に出る哲学: 「入試問題」で東洋思想に入門する (NHK出版新書)

もっと試験に出る哲学: 「入試問題」で東洋思想に入門する (NHK出版新書)

作家
斎藤哲也
出版社
NHK出版
発売日
2020-05-11
ISBN
9784140886229
amazonで購入する Kindle版を購入する

もっと試験に出る哲学: 「入試問題」で東洋思想に入門する (NHK出版新書) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

trazom

大学入試で、負担大の歴史を避けて、倫理を受験する学生が多いと聞く。どんな問題か知りたくて、前著の西洋思想編に続いてこの本に挑戦したが、ともに楽々満点がとれる。「哲学」という思惟とは全く無縁の知識のクイズでしかない。片山杜秀先生の「大学入試問題で読み解く―「超」世界史・日本史」を読んだ時、歴史の本質を鋭く突く素晴らしい問題の数々に感動したことと比べ、これはヒドイ。センター試験と記述試験の違いはあるが、こんな問題を出すようでは、そもそも、日本の倫理・哲学の教育のあり方を、根本から見直す必要があると強く思う。

2020/07/24

ころこ

今kindleで安い。よくありがちな2匹目のどじょう東洋編です。適当な類書が無いため、東洋編の潜在需要は大きいはずです。本書には各単元にその主題に沿ったセンター試験の問題が1、2題出題され、本文が解説になっていて自ずと回答が分かるようになっています。回答と解説も別に付されています。類書と比較が出来ない代わりに、センター試験に沿うことで間接的に品質保証を行っているということです。レベルは恐らく少し低めです。ここで挫折するわけにいきませんので、サラッと読了しましょう。

2020/12/04

フク

図書館。『試験に出る哲学』の東洋思想編。 ブッダや浄土教関連を正答できたのはホッとした。老子の「上善如水」は大好きな言葉である。

2021/01/23

おっとー

前回の西洋思想に引き続き、今回の東洋思想編もさすがのわかりやすさ。…とはいえ一概に「東洋」といってもあまりに幅は広く奥行きも深く、ウパニシャッド哲学と仏教でインドにいたかと思えば中国の儒教、そして最澄空海から鎌倉・江戸を越えて西田和辻までと、射程が広いのなんの。一読しただけじゃ理解できない部分もある。ただ特に江戸期などは暗記のように山鹿素行、伊藤仁斎、荻生徂徠、本居宣長…と覚えていたけど、意外と彼らのスタンスの違いは際立っていて、暗記だけではもったいないほどのこの時代の思想の豊穣さが体感できる。

2021/04/22

きおくあたま

前作同様、入門書として楽しんで読めた。掲載されている「倫理」のセンター試験問題をみると、知識がないと回答が困難な問題だけでなく、文章の論旨から何となく回答を導くことのできる問題もあることがわかった。次の「時々試験に出る哲学」も気長に待っていたい。

2020/06/20

感想・レビューをもっと見る