読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ドストエフスキー『カラマーゾフの兄弟』 2019年12月 (NHK100分de名著)

ドストエフスキー『カラマーゾフの兄弟』 2019年12月 (NHK100分de名著)

ドストエフスキー『カラマーゾフの兄弟』 2019年12月 (NHK100分de名著)

作家
亀山郁夫
出版社
NHK出版
発売日
2019-11-25
ISBN
9784142231065
amazonで購入する

ドストエフスキー『カラマーゾフの兄弟』 2019年12月 (NHK100分de名著) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

れみ

NHK–Eテレ「100分de名著」のテキスト。テキストを読むだけでもお話は全部わかる、だけど番組見ながらテキストを読んで終わったら「カラマーゾフの兄弟」自体は一生読む機会がないかもしれない…と思って、この超大作に挑戦。この頃のロシアの時代背景、拝金主義などを知り、本編を読むのにとても興味深くためになった。番組での亀山郁夫さんの解説、伊集院さんの素直な感想、津田さんの朗読も、この超大作を読み進めるうえで大きな力になった。

2020/02/03

ころこ

著者のカラマーゾフ論はヌルい感じが否めませんでしたが(愚鈍の絶対に対する差異とは、三島賞を逃した著者の『新カラマーゾフ』です)、本書の文章は見違えるようになっています。3兄弟とも思わず頭に浮かんだことが、現実に大きく跳ね返っている構造が良く分かります。アリョーシャはイワンの子供の虐待の話に怒りを、ミーチャは3千ルーブリを使い果たす頽落とギリギリの一線を守り抜こうとする高潔を、イワンはスメルジャコフの父殺しに使嗾を、それらが物語の要所で効いています。他方で、スメルジャコフは行動の人ということでしょうか。

2019/11/27

歩月るな

卑近に話がそれるが辻原先生の『東京大学で世界文学を学ぶ』でのドストエフスキーの文学の毒は十代で浴びなければ意味がない、と言うマウントに反発し(感想を見ると苦笑)まあ読まなくても生きていけると手を付けずにいた作家。まさに十代でこの文学の毒を浴びてしまい人生が変わった生き証人として、魅力的に開陳される亀山氏の読みである。宗旨的な事を抜きにしても、「書かれゆく物語」としてのカラマーゾフが語りの進度を深めている。作者は恐らく全てを想定して書いている。それが書かれなかった、故に物語は閉じるのではなく、開かれている。

2020/05/12

かふ

外文の長編小説でハマったのがドストエフスキーで読書好きのきっかけになったけどそれから何十年ぶりに再会。三男のアリョーシャが間知らずで次男のイワンに論破される気弱な信者ぐらいに思っていたが、夢を見てスーパーサイヤ人みたいに強くなっていた。アリョーシャとイワンは表裏一体でドストエフスキーなのかな。二人の対話で重要で、最初の「大審問官」とかは他の作家の作品にも出てくる(その前にやった大江健三郎『燃えあがる緑の木』)ので不思議とその都度新たな発見に驚いたり。今回も面白かった。

2020/01/11

てんつく

番組に合わせて読了。ハードルの高い作品と思って敬遠していたけど、こうして解説されると興味が湧いてくる。ドフトエフスキーの企みの深さにとにかく感心。ミステリとしても面白そうだし、挑戦してみようか。

2019/12/24

感想・レビューをもっと見る