読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

NHK出版 学びのきほん お経で読む仏教 (教養・文化シリーズ NHK出版学びのきほん)

NHK出版 学びのきほん お経で読む仏教 (教養・文化シリーズ NHK出版学びのきほん)

NHK出版 学びのきほん お経で読む仏教 (教養・文化シリーズ NHK出版学びのきほん)

作家
釈徹宗
出版社
NHK出版
発売日
2020-12-25
ISBN
9784144072611
amazonで購入する Kindle版を購入する

NHK出版 学びのきほん お経で読む仏教 (教養・文化シリーズ NHK出版学びのきほん) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

アキ

ゴーダマ・ブッダはことばを文字で残さなかった。伝承された釈尊の教えを記録したものをお経と呼ぶ。サンスクリット語やバーリ語の経典が最も古い。この小冊子では初期大乗仏教の仏典「スッタニパータ」から大乗仏典「阿弥陀経」まで紹介している。特にギリシャとインドの対決、ミリンダ王の問いでの無明から十二縁起の因果関係が興味深かった。日本は仏教の各系統が残っている珍しい国。密教も禅もこの本では紹介されていないが、巻末の参考本もあり、いい道標になる。煩悩だらけの身であるが、ブッダが至った境地に少しでも近づく旅を続けたい。

2021/01/01

すたんど(Showji)

【1回目】スッタニパータ/涅槃経/ミリンダ王の問い/維摩経/阿弥陀経を手がかりにして、仏教思想と仏教史のエッセンスにアプローチしたもの。改めて、仏教を学んでみたくなった。各派に見られる共通項を、「智慧」と「慈悲」、「今・ここの自分に対して説かれている」との点に見出しているのはよいと思った。

2021/08/31

おせきはん

仏教の歴史と教えを概観できました。紹介されていたお経の中では『スッタニパータ』以外を読んだことはありませんでしたが、「空」の教えを説く『維摩経』は特に興味深く感じました。

2021/07/31

クサバナリスト

・ゴーダマ・シッダルダ ・目覚めた人=ブッダ ・経蔵、律蔵、論蔵・・・三蔵 簡単な仏教史と阿弥陀教等の簡単な解説、分かりやすそうで難しい。

2021/02/27

Yoshie S

このシリーズ、ホント面白い。 「空」は執着から離れる、手放すだけでなく、あらゆることが等しいこと。 不ニの法門 相反するものが即一となる世界 当たり前、対比、二項対立。知らず知らずにあらゆる物事を比較していることに気づく。 自己啓発なども経文に帰依することが多そうと感じた。

2021/01/18

感想・レビューをもっと見る