読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

花燃ゆ 後編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)

花燃ゆ 後編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)

花燃ゆ 後編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)

作家
NHK出版
大島 里美
宮村優子
金子 ありさ
NHKドラマ制作班
出版社
NHK出版
発売日
2015-05-30
ISBN
9784149233697
amazonで購入する

花燃ゆ 後編 (NHK大河ドラマ・ストーリー) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

寺内町亭小天狗

物語後編。夫久坂玄瑞が死を遂げ、文を改めて美和として毛利家大奥に上がる。後、姉寿(ヒサ)と夫楫取素彦が群馬県令として赴任するにあたり、一緒に着いて行く。そこでも義兄を陰ながら動きまわる。女性たちに文字を教えたり、富岡製紙工場の諸問題や生糸の生産に陰ながら関わる。姉の死後、楫取と再婚。故郷に戻り、仏教系日本最古の幼稚園を創立する。教育に残りの生涯を送る。感想として、《人は功利主義で生きるのではなく、他者が益を得るような生き方をすれば、我が生涯を謳歌できて名を残すことができる》ということです。

2015/12/16

感想・レビューをもっと見る