読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ブルー・ドレスの女 (ハヤカワ ポケット ミステリ)

ブルー・ドレスの女 (ハヤカワ ポケット ミステリ)

ブルー・ドレスの女 (ハヤカワ ポケット ミステリ)

作家
ウォルター・モズリイ
Walter Mosley
坂本 憲一
出版社
早川書房
発売日
0000-00-00
ISBN
9784150016029
amazonで購入する

ブルー・ドレスの女 (ハヤカワ ポケット ミステリ) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ふう

【ガーディアン必読小説1000冊】【ガーディアン必読小説1000冊】#48 HPB1600番突破記念。舞台は1948年。戦争の痕と、黒人と白人の軋轢の話。1000書の中ではあまり読まれてない小説だろうけれども、けっこうハードボイルド。ハヤカワ・ポケットミステリの中では後期の本だけどいい本。HPB1602.

2015/07/26

よっぴ

ミステリ、ハードボイルド。。黒人の探偵物が読みたくなり手に取りました。翻訳物の特徴のひとつと感じる「人物の心理を自分と同化(理解)しにくい本」ではある。舞台の時代・場所・状況などあらゆる場面に現実的な暴力の予感を感じた。。。1948年、ロス。仕事を馘になった徴兵あがりの黒人イージー。彼は細やかで安定した何かを求めている。しかし彼には金が必要だった。非合法のバーにて、美しい白人女性ダフネ・モネを探す仕事が舞い込んできた。殺人も絡み、主人公イージーが探偵になっていく話。

2012/11/10

こまい

マウスが気になって仕方がないっす

2011/01/19

感想・レビューをもっと見る