読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ただの眠りを (私立探偵フィリップ・マーロウ)

ただの眠りを (私立探偵フィリップ・マーロウ)

ただの眠りを (私立探偵フィリップ・マーロウ)

作家
ローレンス・オズボーン
田口俊樹
出版社
早川書房
発売日
2020-01-09
ISBN
9784150019518
amazonで購入する Kindle版を購入する

ただの眠りを (私立探偵フィリップ・マーロウ) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

のぶ

主人公に72歳のフィリップ・マーロウを持ってくるという斬新な設定のバード・ボイルドだった。今はメキシコで隠居の身。そんなマーロウに溺死したとされる不動産業者が、実際に事故で死んだのか確かめてほしいという依頼が舞い込む。マーロウは男の足跡を追い調査を開始する。決してつまらなくはないが、チャンドラーを意識するとかなり異質な感じは否めない。チャンドラーの作品をウエスタンだとすると、本作はマカロニ・ウエスタンだという印象を受ける。それでもチャンドラーファンの自分としてはこの本に巡り合えたのは一つの収穫だった。

2020/03/17

あさうみ

作家レイモンド・チャドラーの探偵フィリップ・マーロウの老後(外伝的な?)を別作家が書きだす。いや、あのフィリップ・マーロウとは読み終わる最後まで気づかなかった…。壮年の穏やかな憂さ、哀愁のある語り口に入り込めたらハマるんだろうな。レイモンド・チャドラーの作品を読んだ記憶がないので通読してから読むとまた違うのだろう。

2020/01/13

ハスゴン

高齢者のマーロウという斬新な設定だが、雰囲気はよく掴んでいると思う。

2020/04/05

ぽてち

探偵業を引退し、メキシコで悠々自適の日々を送るフィリップ・マーロウが主人公。言うまでもなくレイモンド・チャンドラーが創造したキャラクターだ。マーロウの新作が読める期待感と、老境に入った主人公への危惧が相半ばする状態で読み始めたが、結論から言うとまったく楽しめなかった。新作なのに古いという偽物感がつきまとい、展開も安易なうえ無駄な描写が多すぎる。マーロウじいさんも、ぼくのイメージとはかけ離れていた。ただのすけべ爺、ストーカーにしか見えなかった。

2020/03/14

くさてる

あのチャンドラーのマーロウ物だと思わずに、72歳のおじいちゃん探偵が謎の事件に挑む内容だと思えば一風変わったミステリとして読めたかも。でも、そこかしこの描写や人物造形がいかにもそれっぽいので、それを無視するわけにもいかず、なんともモヤモヤ。お話の展開自体も、その路線ぴったりなので、先が読めるといえばそうなのだけど、それをあれこれ言うのが野暮なのかな。純粋にマーロウ物の二次創作として読むならとても良く出来てると思います。

2020/03/04

感想・レビューをもっと見る