読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

宇宙の眼 ハヤカワ文庫SF

宇宙の眼 ハヤカワ文庫SF

宇宙の眼 ハヤカワ文庫SF

作家
フィリップ・K・ディック
中田耕治
出版社
早川書房
発売日
2014-09-25
ISBN
9784150119751
amazonで購入する Kindle版を購入する

宇宙の眼 ハヤカワ文庫SF / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

催涙雨

陽子ビーム加速器の事故という前提があるためよく目にするテーマである虚実うんぬんの判別がつきやすく表現もストレートで終始わかりやすい印象の作品だった。これをひとつの契機にして非現実に対する不安を扱う作品に取り組む機会が増えたというのも納得できる。異様な神学観により形成された神による監視世界、一個人の価値観により存在の有無を決定付けられる潔癖世界、偏執的な強迫観念からなる敵だらけの世界、そして共産主義者の世界。この頃から既に極端に偏った意識・心理から生まれる虚構的世界を描写する感覚は鋭敏なものとなっていたよう

2018/07/02

kokada_jnet

最初はハヤカワSFシリーズで1959年発行。日本のSF作家第一世代が、非常な衝撃&影響をうけた、ディック初期長編。筒井康隆や平井和正には直接的に影響をうけた作品があるし。小林信彦の第二長編もこの小説の影響がある。

2017/01/14

陽@ リュウグウからの贈り物

「この世界がどういうものであれ、固有の法則があるはずです」それを発見出来るかどうか。真実とは。多元宇宙の世界での違和感。3Dプリンタの様な自販機。左腕にウサギを抱きながら読了。次の次元では右側から訪れた。さぁ、君は私に何を導く?人類の数だけ多元宇宙(価値観と呼ぼう)が存在し同時にリンクしていく世界こそ。マトリックス曰く、人は完璧な理想より多少の不具合がある方が安心する。そして子供はいつも好奇心溢れる希望そのものだ。世界を変えたければ、自分が変わる事を選べ。

2015/03/11

はなひげ

赤狩りから始まるところに時代を感じる。これだけでも恐ろしい。私個人的には、思想で統制される科学などあってはならん、と思うのですが、まあ倫理観とか考えると微妙なところもあるし、ある程度のコントロールはしかたないのでしょうねえ。特にこんな、放っておいたら物語終盤の世界になってしまうような事情があると、難しいなあ、と思います。何事もバランスが大事。とはいえ、どこか突き抜けなければ新しいものも生まれない。ときどき大きく揺れることがあっても、時をおかず、自ずとベースラインに収束できるのが理想かな。

2015/04/06

kokada_jnet

私の薦めで読んだ妻が「これ、やばい小説だ。ディックってモノホンだね」と驚愕していた。

2016/09/22

感想・レビューをもっと見る