読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

フロリクス8から来た友人 (ハヤカワ文庫SF)

フロリクス8から来た友人 (ハヤカワ文庫SF)

フロリクス8から来た友人 (ハヤカワ文庫SF)

作家
フィリップ・K・ディック
大森望
出版社
早川書房
発売日
2019-08-20
ISBN
9784150122454
amazonで購入する Kindle版を購入する

フロリクス8から来た友人 (ハヤカワ文庫SF) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

kurupira

テーマは共存かな。人間でも能力によって身分が分かれたり、形が違うエイリアンと同じ社会で生きることになれば、かなり軋轢があるはずであり、、ディックにしてはそんな世界をアクション多めで描いている。主人公に特別な能力はないが、一歩引いた目線で世の中や様々な人物を理解できるので生き延びていくのかな。別の見方をすると、多様性を持つ社会は、突発的な情況に強いという事にもなるか。ニックとチャーリーは、フィフスエレメントのブルースウィルスとミラジョボビッチとイメージが少し重なる。

2019/09/21

roughfractus02

独裁体制の中で困窮した生活を送る主人公が住む地球に異星人が襲来して世界が変わる、と本書の素直な筋書きから予想する読者は、主人公がタイヤ溝彫り職人である点を見逃したのかもしれない。『銀河の壺直し』の陶芸修理屋が偽の神デミウルゴスが作る世界のエントロピーを増大させるべく振り回されたことを思い出せば、このチグハグな物語は修理された偽の世界の隠喩として深読みしたくなるからだ。すると今度は、真の神の侵入は人間の想像を超えた世界を創造し、救済は人間のためにあるのではない、という作者独自の世界観が繰り返されるのだが。

2019/11/02

ふみふみ

地球が新人、異人、旧人の階級社会、所謂ディストピアと化した世界にそれを打破すべく伝説の人物が地球外生命体を伴って帰還、と一体このプロットをどう展開するのだろう、例によって途中で破綻するのか(笑)と期待しながら読んだのですけど、それなりに収束し、ディックぽくないというか拍子抜けの印象です。終盤なんかはやっつけ仕事の気がしないでもないですね。まあ、ディック自身本作について身も蓋もないような発言をしているようで、ただそういうのも全てひっくるめて私はディックが好きですが。

2019/12/02

ろびん

最後のイルドとの会話がなかなか好きです。

2020/02/01

section99901

初ディック。とてもつまらなかった。

2019/12/07

感想・レビューをもっと見る