読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

悪夢のかたち (ハヤカワ文庫 JA 21)

悪夢のかたち (ハヤカワ文庫 JA 21)

悪夢のかたち (ハヤカワ文庫 JA 21)

作家
平井和正
生賴範義
出版社
早川書房
発売日
1973-12-14
ISBN
9784150300210
amazonで購入する

悪夢のかたち (ハヤカワ文庫 JA 21) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

スターライト

ハヤカワ文庫JA1500番達成記念で復刊された1冊。20代前半に書かれた表題作など9篇を収録。家族、社会と相いれず孤立し暴力的になっていく主人公たち。しかし彼らは孤立しながらも愛情に満ちた関係を結びたいと渇望し、葛藤していく姿を描いているように思える。時に強烈な暴力に訴えもするが、それは彼らの強い気持ちの裏返しとも言える。表題作は様々な夢がないまぜになった異色作で、ここを境に自分とは何者か幸せとは何なのかといった哲学的な問いが表面化している作品が並ぶ。自ら殺人地帯に赴いたアルにならないと誰が断言できよう。

2021/11/07

けいちゃっぷ

作者が20代の頃に書かれた作品集。若いぜ、青いぜ、でも面白いぜ。

感想・レビューをもっと見る