読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

どーなつ (ハヤカワ文庫 JA Jコレクション)

どーなつ (ハヤカワ文庫 JA Jコレクション)

どーなつ (ハヤカワ文庫 JA Jコレクション)

作家
北野勇作
出版社
早川書房
発売日
2005-07-21
ISBN
9784150308063
amazonで購入する Kindle版を購入する

どーなつ (ハヤカワ文庫 JA Jコレクション) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

miroku

北野勇作の原点とも言える作品。のらりくらりとふわふわと。物語が進むほどに浮かび上がる空洞、どーなつの穴。穴は虚無。虚無の周辺を描く作品・・・か?

2013/06/28

mm

デビュー前から十何年抱え込んで、出しては手を入れ、また引っ込めていた作品らしい。なかなか手放せない何か引っかかっていたんですね。ホラー・ノスタルジー・グロ・可愛いのか怖いのかよくわからん熊キャラ・落語・関西弁・ファンタジー・戦隊もの・アニメのイメージのヒロイン等々渾然一体となっていました。これを喩えて言うなら、鍋風⁇海鮮鍋に鶏団子も豚バラも入れました。だって、買い出ししてたから〜〜後書きで、跳べたかなと心配しておられるようでしたが、大丈夫。火星までのジャンプの軌道は出来てた。でも、私は跳び箱苦手で…

2020/09/03

ぜんこう

『門』、脳ミソ、海馬、アメフラシ、電気熊(=人工知熊←能じゃなく熊w)、落語『あたま山』、異星人・・・主人公の記憶があいまいなので、主人公自身がヒトなのかアメフラシなのか異星人なのか何だかわからない。 作者の夢に見た話しを聞かされているようで、でも夢の話はつまらない、なんてこともなく、不思議と楽しめちゃう(もちろん楽しめるかは人それぞれ)。 SFというか小説自体が作者の夢物語が文章になったもんみたいなもんですからね。 今後もたまに北野勇作さんを読んでみよう。

2018/08/12

ミツ

ファンシーな表紙とタイトルに騙されることなかれ。よくわからないまま始まって終わった戦争、火星に雨を降らせることを願った田宮さん、謎の電気熊に乗り込んで行う倉庫内軽作業の日々。断片的に語られるそれらの物語はどれも非現実的で曖昧で、しかしほのぼのとした悪夢のようであり、脳みそをモゾモゾといじくられているような、なんとも居心地の悪い思いをさせられる。変質し歪められた断片はやがて微かに繋がり始め、そしておぼろげに判明する全容は恐ろしくグロテスクであるけれど、同時に切なく哀しく、痛ましいのは何故だろうか。

2014/08/27

gu

唯一無二の落語SFにしてアメフラシSF。北野勇作の作品は「物語に逃げられてしまった空っぽの器」が語る物語という印象がある。空っぽの器は小説の言葉そのものでもあって、言葉を満たす意味が入れ替わる度に、小説の景色ががらりと変わってしまう。物語は器を変えてどこまでも伝わっていくことができるけれど、同時に決して手の届かない「既に終わってしまった出来事」でもある。〈もうおれはここにはいないんだ〉という呟きの圧倒的な寂しさ。

2018/06/18

感想・レビューをもっと見る