読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

日本SF短篇50 I (日本SF作家クラブ創立50周年記念アンソロジー)

日本SF短篇50 I (日本SF作家クラブ創立50周年記念アンソロジー)

日本SF短篇50 I (日本SF作家クラブ創立50周年記念アンソロジー)

作家
光瀬龍
豊田有恒
石原藤夫
石川喬司
星新一
福島正実
野田昌宏
荒巻義雄
半村良
筒井康隆
日本SF作家クラブ
出版社
早川書房
発売日
2013-02-22
ISBN
9784150310981
amazonで購入する

日本SF短篇50 I (日本SF作家クラブ創立50周年記念アンソロジー) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

MICK KICHI

SF作家クラブによる1963年〜1972年までの短編アンソロジー。 歴史的傑作ばかりなのでお気に入りの作品を、「退魔戦記」豊田有恒、元寇のIfの世界をスリリングに描く。「ハイウェイ惑星」石原藤夫 奇妙な星の生態系をハードSF的解釈で楽しませてくれる。「鍵」星新一、星さんの生涯ベスト3には必ず入る。「およね平吉時穴道行」半村良、山東京伝の一族をめぐる切なさ漂うタイムスリップ譚。「おれに関する情報」筒井康隆、ディックやトゥルーマンショーを思わせる社会論的考察。 この黎明期にもこれだけの作品あった事に驚愕する。

2020/09/05

亮人

このレジェンド軍団たるや!!いま読んでも古びない日本SF短篇のセレクトに驚嘆。まず光瀬龍の「墓碑銘二〇〇七年」からはじまるのが渋い。この寂寥感こそ光瀬SF。豊田有恒の「退魔戦記」も、お得意の歴史改変SFで好き。石原藤夫博士の「ハイウェイ惑星」も進化論SFの極北。荒巻義雄の「大いなる正午」は、哲学的モチーフで自分には難解だったが、別時空のビジョンが素晴らしい。半村良の「およね平吉時穴道行」は古文書解読から時間SFへと繋がっていく流れが最高。とりあえずこの時代からこのハイクオリティとは、幸せな時間だった!

2013/03/04

drago @チワワ飼い始めました。

1年1作で全5巻。未読作家を体験できて楽しい。まずは1巻目。☆☆☆★★  ①光瀬龍「墓碑銘2007年」:落ちにヒネリが足りない。△ ②豊田有恒「退魔戦記」:元寇は未来の軍事力で撃退したという話。○ ③石原藤夫「ハイウェイ惑星」:ハイウェイに適応・進化する生物。想像力が素晴らしい。◎ ④石川喬司「魔法つかいの夏」:何を言いたいのか。こんなのSFじゃない。× ⑤星新一「鍵」:星新一にしては面白くない。△ ⑥福島正実「過去への電話」:何が面白いのか、よく分からん。△

2014/02/27

日向とわ

SFに夢中になりだした頃を懐かしく思い出しました。偏った読み方だったので再読はあまりありませんでした。それでも4編は再読。すっかり忘れているので全部楽しめました。なんか若返った気がします。ほんと傑作揃い!荒巻義雄の作品はあまり読んでないのですが、これは凄いですね。架空戦記があまりに有名になりすぎててイメージが違ってました。初期の作品を読みたいです。福島正実も編集者としての顔が強すぎて、作品は印象なかったのですが、面白いです!勿論、他の名前をあげてないのも!!今後が楽しみ!

2013/03/25

1nuchi4o

☆☆★ 飾らない独創性、古典的な面白さのハイウェイ惑星がとてもよかった。わくわくするSFというのは、こういうこと。墓碑銘二〇〇七年も雰囲気があってよい。中にはいまいちなのも、魔法つかいの夏は特に合わなかった、戦中の死の匂いがする。筒井先生はやっぱり凄い、出だしの1行目でときめいた。

2013/06/29

感想・レビューをもっと見る