読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

オービタル・クラウド 上 (ハヤカワ文庫JA)

オービタル・クラウド 上 (ハヤカワ文庫JA)

オービタル・クラウド 上 (ハヤカワ文庫JA)

作家
藤井太洋
出版社
早川書房
発売日
2016-05-10
ISBN
9784150312282
amazonで購入する Kindle版を購入する

オービタル・クラウド 上 (ハヤカワ文庫JA) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

しんたろー

今年の読み始めは読友さん強力プッシュの本作で、藤井大洋さん初読み。正直言ってバリバリ文系に凝り固まった頭には最初の100ページ位は辛かった…言語の違う世界へ来てしまったようで、文章が頭の中で映像化してくれない…しかし200ページ頃から人物&事態も大きく動き出して面白さも判ってきた。宇宙と地球を舞台に、様々な立場の人々が交錯してサスペンスもドラマも急上昇…下巻が楽しみになった♪♪♪

2018/01/04

サンダーバード@読メ野鳥の会怪鳥

初読みの作家さん。日本SF大賞、星雲賞も同時受賞と聞くと期待が高まる。2020年、イランが打ち上げたロケットブースターが地上には落下せずそのまま高度を上昇させるという奇妙な動きを示す。果たしてそこでは何が起こっているのか?その背後にあるものは?そして、これから何が起こるのか。全く展開を予想させないストーリー。続きがとっても気になります。テザー推進、ローレンツ力などなど物理用語も盛りだくさんですが、いざ、下巻へ。

2016/06/16

つねじろう

そうSFはこうでなくっちゃ。科学的合理性とその先にある夢とロマン。法螺でもきっちり論理的整合性はあるのが大事。宇宙ゴミを追いかけ流れ星の情報をWebで流すメテオニュースの主宰木村和海。彼が気付いた奇妙な動きをするゴミがとんでもない事件を引き起こす発端となる。それは宇宙規模のテロ。CIAやら宇宙防衛軍やらJAXAやら北朝鮮や中国のスパイまでやって来て大事になってしまうお話し。それぞれの登場人物のキャラも立ってる。難しい宇宙の用語や理屈は出て来るけどそれはそれSFだと割り切れば何とかなる。期待を持って下巻へ。

2016/07/30

スカラベ

宇宙ゴミの不審な動きから端を発し、衛星軌道上で繰り広げられるスペーステロ。これに立ち向かう魅力のある登場人物たち。難解な専門用語も随所にでてきたり、空間把握力が求められそうな話ではある。でも、多少理解できなくても読み進むことのできる力を備えた小説。舞台が2020年というすぐそこの未来ということもあるだろうし、物語は次々と場面が切り替わるが、並行して進むそれぞれの話の骨子がくっきりとしていて、迷子になることは全くない。時折はさまれる、宇宙空間からのジュディの語りが勇を鼓されるようで心地よい。下巻に進みます。

2016/06/11

翔亀

SF界の賞の三冠達成というが、よくよく考えてみると宇宙を舞台にしているものの、未来が描かれているわけではない。科学技術的には、地球の軌道上の人工衛星をめぐるJAXA(宇宙航空研究開発機構)の技術の域を出ない。しかし、なぜ面白いかというと、主人公がフリーランスのWebデザイナーで、片手間に流れ星の発生を予測するサービスを個人でやっている、というどこにでもいそうな若者であるからだろう。渋谷のインキュベートオフィスから始まる物語が、一気に、CIAや北朝鮮、中国のスパイ、テヘランの技術者を巻き込みながら、↓

2017/02/18

感想・レビューをもっと見る