読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

天冥の標Ⅹ 青葉よ、豊かなれ PART2 (ハヤカワ文庫JA)

天冥の標Ⅹ 青葉よ、豊かなれ PART2 (ハヤカワ文庫JA)

天冥の標Ⅹ 青葉よ、豊かなれ PART2 (ハヤカワ文庫JA)

作家
小川一水
出版社
早川書房
発売日
2019-01-22
ISBN
9784150313593
amazonで購入する Kindle版を購入する

天冥の標Ⅹ 青葉よ、豊かなれ PART2 (ハヤカワ文庫JA) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

日向とわ

この長い長い物語も残すところ後1冊。一抹の寂しさ。どんな最後がまっている?この巻でまたまた新たなそれも多くの異星人(人か?)が登場し、総動員な結末が予測される。それが新しい種。愛の結果としての種がキーとなるのか?とにかく凄いな。未来はイサリとカドムにまかされたのか?

2019/02/26

ひさか

2019年1月ハヤカワJA文庫刊。書下ろし。シリーズ16冊目。前巻に続き、ポテンシャルは高い。戦いの様相、様子に圧倒される。

2020/05/11

chiseiok

終始ぞわぞわうるうるしながら読了。凄いぞ小川一水。長ーい作品の畳み方、なかんづく死なせ方滅し方って、その作者のその時点で持っている地力がハッキリ出ると思います。きっちりタップリがっつり思い入れさせておいてざっくりバッサリさっぱりと殺す滅ぼす下がらせる。名前出して比べるのもなんですが、某田中芳樹作品とは雲泥の差ですなぁ。田中先生もエネルギーあるうちに畳めば良かったのにね。北方謙三大水滸伝サーガに比肩される畳みっぷりですが、そう考えると北方御大年の割に怪物だなぁ。あ、話が逸れた。あと一冊読むの勿体無いよーっ。

2019/05/26

ゆう

スケールの大きな物語も残りあと1冊。充分にSF小説の醍醐味を味あわせてもらいました。最後のkeyになるのはラバーズのあれ、なんでしょうか(笑) ノルルスカインも含めて異星人たちの思考が人間的な気がするのはご愛嬌ですね。あまりにかけ離れてると分かり合えることもないだろうから。

2020/03/03

ぐうぐう

「あなたたちは何を素晴らしいと思うのですか?」「わたしたちが、いつだって失敗し続けること……それなのに、今こうして、形を持って話していること?」冥王斑の本質、真の理由が暴かれ、イサリはついにミヒルと対峙する。このクライマックス真っ只中にあってなお、小川一水は登場人物達にどこかユーモラスなムードを漂わせたセックスを行わせる。律儀とも言えるセックス描写の挿入は、しかしこの壮大な物語が、とどのつまりはやっぱり性愛をもっとも大きな主題にしていることの証しでもあるのだ。(つづく)

2019/03/12

感想・レビューをもっと見る