読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

under the bridge (ハヤカワ文庫JA)

under the bridge (ハヤカワ文庫JA)

under the bridge (ハヤカワ文庫JA)

作家
堂場瞬一
出版社
早川書房
発売日
2019-05-16
ISBN
9784150313777
amazonで購入する

under the bridge (ハヤカワ文庫JA) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

KAZOO

前回の作品のover the edgeは舞台が東京でしたが今回はニューヨークです。なぜ相棒がニューヨークにいるのかなあと思いましたがそこは物語なのであまり言いません。今回はアメリカの球団買収に絡んでの事件が起こって日本のやくざなども登場します。話がかなり大きくなっていますが最後は若干尻つぼみのような気がしました。

2019/07/08

きさらぎ

ニューヨークで起きた立てこもり事件をきっかけに再会した人たち。警視庁を辞めた濱崎と犯人に撃たれたブラウンの関係も退職理由もはっきりしないまま進んでいくが次々に展開されていく話は、前作『over the edge』を読んでいなくても問題はない。ただ落ち着かないだけ(笑) この街で粘り強く生きていくために何より大事なのは”自身”中身が空っぽでも自分を大きく見せることで周りの評価も高くなるとは、米国人が強いのか米国で暮らす日本人が強いのか。今いる立場で全力を尽くせれば後悔することはないことだけは間違いない。

2019/10/19

hiyu

over the edgeの続編になる本作。かつて東京で事件解決に邁進した二人がタッグを組む。最後はこうだったかという感じ。

2019/09/20

ぺあの

over the edgeの続編。舞台は東京からニューヨークにかわったけどハードボイルドにしようとする気持ちはあるんだけど、響いてこなかった。球団買収というスケールでピンとこなかったのかなぁ

2019/06/24

あつし@

over the edge の次はunder the bridgeで、韻を踏んでおしゃれにニューヨークでの続編。作者の好きに絡めてストーリーが展開する。球団買収と復讐らしいがどうも不鮮明なのも濱崎に捜査権がないから仕方ない?2人の友情ももう少しおしゃれにキメテ欲しかった。

2019/06/02

感想・レビューをもっと見る