読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

青い海の宇宙港 秋冬篇 (ハヤカワ文庫JA)

青い海の宇宙港 秋冬篇 (ハヤカワ文庫JA)

青い海の宇宙港 秋冬篇 (ハヤカワ文庫JA)

作家
川端裕人
おとないちあき
出版社
早川書房
発売日
2019-07-04
ISBN
9784150313852
amazonで購入する Kindle版を購入する

青い海の宇宙港 秋冬篇 (ハヤカワ文庫JA) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

RIN

何とも清々しい読後感。「春夏編」が割と地に足のついた物語だったのに対し、本「秋冬編」はぱぁ~っと世界が宇宙まで広がった感じ。賢い子どもの話は気持ちがいい。自分の興味に応えてくれるオトナを自ら探して好奇心を満たして夢の実現へ足を踏み出す。これはたぶん、環境とか幸運とかではなく、そういうことができること自体が「賢い子ども」ということなんだろう。ワクワクして熱中できる「好き」と自分が一番落ち着ける居場所と思える「好き」のどちらを選ぶかが運命の分かれ目?おススメです。

2021/03/30

@nk

何とか種子島へ行く前日に読了できました。宇宙探検隊の力強い成長とともに、中学生以降の「その後」も描かれていて、とてもゴージャスなお話だったという印象。なにせロケットに関する描写が(たぶん)精緻すぎて、もはや前篇から既に付いて行けておりませぬ状態でした。さて、島の神事やら伝統行事やら、どこまで種子島なのか、明日からの訪問で幾つかは判明するのかな。

2019/08/15

ヤギ郎

物語下巻。小学生が種子島(のような場所)で大人たちと共にロケットを飛ばす物語。もっぱら宇宙についての物語と思いきや、森や植物についても多く語られている。空(宇宙)と地(地球)が繋がっていると思わせる。JAXAの実証機IKAROSを題材にしたのだろうか。

2019/07/29

ホシナーたかはし

宇宙遊学生サイドに目を向けて話が進んで行くのは良いのですが、相変わらず素人完全無視なロケット講釈は勘弁。日曜夜八時台かNHKドラマ、アニメで放送した方が解りやすい内容でした。ロケットの打ち上げシーンは、ネットに転がっているので、観ていれば結構想像しやすいかと。アニメ化するならRobotics;Notesスタッフを熱望!

2019/07/31

ひさか

2016年8月早川書房刊。シリーズ2作目。2019年7月ハヤカワJA文庫化。打ち上げ、太陽系脱出と話は続き、この巻で一気につじつまが合う思いに到達できました。ちょっとしんどかったです。

2021/03/29

感想・レビューをもっと見る