読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

疾走! 千マイル急行 下 (ハヤカワ文庫JA)

疾走!  千マイル急行 下 (ハヤカワ文庫JA)

疾走! 千マイル急行 下 (ハヤカワ文庫JA)

作家
小川一水
あきま
出版社
早川書房
発売日
2019-07-18
ISBN
9784150313883
amazonで購入する

疾走! 千マイル急行 下 (ハヤカワ文庫JA) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ヤギ郎

下巻。表紙が上巻とつなぐ。いい感じに物語の幕が閉じている。

2019/07/22

イツキ

前巻の絶望的に思えた状況からなんとか脱出するも、明かされる母国の闇と、容赦なく襲いくる敵軍。普通の大人ですら容易に心が折れるであろう状況でも負けずに自分が信じるもののために回りを説得して立ち向かおうとする少年たちがとても眩しいです。最初は犬猿の仲という感じだったテオとキッツの関係性が変わっていく様子がとても印象的でした。そして最終章のラストからのエピローグがまた、こういう展開ものすごく好みなのでたまらなかったです。

2019/08/18

うさぎや

下巻。なるほどそういう……!といろいろ納得。

2019/08/18

taku1531

台風による停電、断水の中、上下巻を一気読み。勢いよく読めて面白かったが、登場人物の物理的な動きについて咀嚼しづらい描写がちょこちょこあったかも。小川一水作品に求めるハードルはもうちょい高かったかな

2019/09/09

toco

冒頭の大陸マップと比較しながら、列車の行き先や周辺諸国の地理関係を把握していくのが楽しかったです。ストーリーとしてもまあいい結末だったかな

2019/08/26

感想・レビューをもっと見る