読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

少年トレチア

少年トレチア

少年トレチア

作家
津原泰水
出版社
早川書房
発売日
2020-04-16
ISBN
9784150314231
amazonで購入する Kindle版を購入する

少年トレチア / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

森オサム

大作。奇想、幻想、夢想にエログロ。破壊、暴力の因果応報。音楽、映像、漫画等芸術の力。友情、家族愛もほんの少々…。物語を通した主人公がいない群像劇は、そのテーマが良く分からない程あちらこちらへ飛びまくる。トレチアかマカラ、どちらかに絞ってサスペンスか幻想小説にしてくれれば、もっと読み易くて楽しめたと思う。ホントに、いくつかの短編を基に、泥沼の上に手に負えない長編を積み上げた様な作品に感じた。ただ、作者の情念は伝わる。正直このタイプの小説がバカ売れして大金を生むとは考え辛い。でも書かずに居られないんだろうね。

2021/01/13

恐ろしくて、気味が悪くて、吸い込まれるように一気に読んでしまった。物語の深い泥濘に足を取られ、引きずりこまれる。あるいは物語が現実世界を侵しているのか。いずれにせよ、読んでいるうちにどんどん現実との境界が曖昧になってゆく。これはほかの津原泰水の作品にも言えることだが。水をたっぷりと含んだ沼の上に築き上げられた都市。都市を漂う巨大な怪魚と伝承される謎の少年のイメージは世界を徐々に歪ませてゆき、やがて破滅をもたらした。本を閉じると頭は白い靄がかかったようだった。夜の暗闇を、そこに潜むなにかをわたしは思い出す。

2021/02/08

miroku

めくるめく読後感

2020/10/14

ソラ

雰囲気は良かったんだけれど個人的にはもやっと終わった感じが…。

2020/06/13

この世界も、何か大きなものが見ている夢…という感覚はなんだか好きです。マカラ、画像検索しました。異形。緋沼サテライトの地震シーン。。

2020/09/13

感想・レビューをもっと見る