読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

それまでの明日 (ハヤカワ文庫JA)

それまでの明日 (ハヤカワ文庫JA)

それまでの明日 (ハヤカワ文庫JA)

作家
原りょう
出版社
早川書房
発売日
2020-09-03
ISBN
9784150314460
amazonで購入する Kindle版を購入する

それまでの明日 (ハヤカワ文庫JA) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

アッシュ姉

2020ラストは大好きな探偵沢崎シリーズ最新刊で。クールに締めるつもりが、沢崎が格好良すぎてデレデレ、会話が楽しすぎてニマニマしながらの読み納めとなった。やっぱり錦織との会話がツボで、互いの能力を認めて信用しているのに憎まれ口を叩き合う二人の関係が変わらず嬉しい。会いたかったすべての人に再会でき、また会いたいと思える紳士と青年に出会えた。エンディングはちょっとびっくり、これは続編を期待せずにはいられない。

2020/12/31

chiseiok

相変わらず上質の文章とは感じたのだけれど、正直過去作品ほどわくわくしなかったなぁ。会話がどうにもまどろっこしくて、かつ、起きてる状況も多分本当にまどろっこしかったんだと思う。更に読む側の自分に読解力が足りてない😅。なので、あとはもう全力で展開よりも雰囲気を楽しんだ(笑)。リーダビリティ悪くないし、沢崎と新宿署の錦織、清和会の橋爪や相良との悪態、減らず口の応酬が懐かしくも楽しかった。結末に違和感があったけれど、あとがき読んだらこれは原先生なりのクリフハンガーだったのね!続編『それからの昨日』…待ってます!

2020/09/15

mayumi

私は今まで読んだ数ある探偵ものの中で一番沢崎シリーズが好きである。何より、沢崎のキャラクターが唯一無二であり、日本でこんなハードボイルドを書けるのは原尞だけだろうと思っている。しかし、この著者はとにかく遅筆で前々作は5年、前作は9年、今作は14年と、とんでもないインターバルである。次作はせめて5年以内にお願いしたいのと、原氏には是非100歳まで生きてほしい。さて今作はラストにいろいろ詰め込みすぎた感がある。ちょっと説明が冗長だった。ただ、田島や相良との関係性にはニヤリとさせられ、楽しい読書だった。

2020/09/26

シキモリ

シリーズ14年ぶりの新作だが、探偵沢崎は何らお変わりなく。今作も過去作同様に入り組んだプロットだが、事の顛末に至っては従来のどんでん返しが封印され、ミステリーの山場としては少々盛り上がりを欠く仕上がり。原先生が御歳を重ねたことによる作風の変化は必然的だが、人生と家族という先立つテーマを前に沢崎シリーズという枠組みは些か窮屈なのだろうか。古き良きハードボイルドがこの年のミステリー二冠に輝いたのは喜ばしいが、今作で新規のファンを獲得出来たのか疑問は残る。姉妹作「それからの昨日」が無事刊行されるのを願うばかり。

2020/09/26

TomohikoYoshida

久々の沢崎探偵シリーズ。読むのを楽しみにしていたが、今になってしまった。以前の作品に登場したキャラクターが、今回も次々と登場してなつかしさ満点。沢崎が魅力あるキャラクターだからこその面白さだが、その魅力を伝える言葉が自分にないのが残念。500ページもあるのに、一日で一気に読破してしまった。とにかく面白かった!

2020/11/29

感想・レビューをもっと見る